• horipro

岡本知高

オカモト トモタカ

  • PRINT

出身地

高知県

生年月日

1976年12月3日

INFORMATION

3月20日(水)『世界フィギュアスケート選手権2019』オープニングセレモニー出演!!

3月20日(水)から4夜連続生中継される『世界フィギュアスケート選手権2019』のオープニングセレモニーで、フジテレビ系フィギュアスケート中継のテーマ曲である新たな「BoléroⅣ~New Breath~」を初生披露!!
プロフィギュアスケーターの無良崇人さんとキッズスケーターが、岡本知高の華麗な生歌にのせて、あざやかに舞うという夢の初コラボが実現します。

『とれたてフジテレビ』

『世界フィギュアスケート選手権2019』公式サイト

『BoléroⅣ~New Breath~ |春なのに』3月20日リリース決定!!

デビュー20周年、CDデビュー15周年のアニバーサリー・イヤーに〈ボレロ〉をリニューアル!
2006年から12年に亘り、ソプラニスタ岡本知高が担当しているフジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲「ボレロ」。今回4年ぶり4度目となるリニューアルとなります。
また、東日本大震災時に生まれた「春なのに」、合唱コンクールでも定番の「心の瞳」を収録。さらに、新潟県十日町雪まつりでの猛吹雪での渾身のパフォーマンスの模様を収めたDVD付。
幼少期に「ペルテス病」という難病にかかり、平日は家族と離れ養護施設で生活した岡本知高。週末の養護施設と自宅間の往復は、合唱サークルで出会ったという音楽好きな両親が片道3時間をかけて車で送迎。その車中で両親とともに歌った童謡、抒情歌、流行歌の数々が岡本知高の音楽の原点だという。
ジャンルを超え、人々の心の機微に寄り添う名曲とともにライフワークの学校公演含めたコンサートで全国を訪れ、感動の輪を広げる岡本知高独自の世界観を再現したディスクとなっている。

『BoléroⅣ~New Breath~ |春なのに』

2019.3. 20 ON SALE  CD: UCCY-1095  1,944 (tax in)

通常配信・MfiT・ハイレゾ配信も同時発売

◇CD
1. BoléroⅣ~New Breath~
<フジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲>
(作詞:Johann Wolfgang von Goethe/作曲: Maurice Ravel/編曲:横山克)
2. 春なのに(作詞作曲:菅野祥子/編曲:清塚信也)
3. 心の瞳
(作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:飯田俊明、米田直之)
4. BoléroⅣ~New Breath~ TV version
5. BoléroⅣ~New Breath~ (Instrumental)
6. BoléroⅣ~New Breath~ TV version (Instrumental)

◇DVD
アメイジング・グレイス(LIVE映像)
収録:2018年2月『第69回 十日町雪まつり』より

◇パーソネル
清塚信也(ピアノ)[2]
飯田俊明(ピアノ・シンセサイザー)[3]他

◇録音:2016年9月、2019年1~2月

初の冠番組BSフジ『おか素~ソプラニスタの作り方~』レギュラースタート!!

初の冠番組が、BSフジにて1月スタートします!
その名も BSフジ『おか素~ソプラニスタの作り方~』。
クラシックはもちろん、オペラ、ミュージカル、映画音楽、日本の唱歌・ポップスと様々なレパートリーを持つ唯一無二の存在である「ソプラニスタ」岡本知高そんな岡本知高を作り出した要素「おか素」。
この「おか素」をキーワードに様々なゲストを招いて、男性でありながら、女性ソプラノの音域をの持つ天性の男性ソプラノ歌手、岡本知高に切り込む。

【放送日程】毎週金曜日 23:55~24:00

【初回放送】1/4(金) 23:55~24:00

http://www.bsfuji.tv/tomotaka_okamoto/pub/index.html

『春なのに~想歌(おもひうた)』発売中!!

清塚信也による繊細なピアノ・アレンジと共に紡がれた日本の名曲。
普段当たり前のように過ごしている日常、その中にある幸せの原風景、大きな意味での愛溢れる唄を岡本知高の優しさに満ちた歌声で届けます。
人気ピアニスト清塚信也がアレンジ&ピアノ演奏担当。

春なのに~想歌(おもひうた)
2016.10.12 ON SALE CD: UCCY-1071

[収録曲]
1. 春なのに   *リード・トラック*
2. 木蘭の涙
3. いのちの歌
4. 糸
5. さくらの花よ、泣きなさい
6. 上を向いて歩こう *アカペラ*
7. もう一度ふたりで歌いたい
8. 一期一会
9. 花の首飾り
10.生きるものの歌
ボーナス・トラック
11.BOLÉRO III
(フジテレビ系フィギュアスケート番組テーマ曲)

岡本知高(ソプラニスタ)清塚信也(ピアノ、編曲)

http://www.universal-music.co.jp/tomotaka-okamoto/products/uccy-1071/

プロフィール

ソプラニスタ(男性ソプラノ歌手)。岡本の場合は変声後も強靭なソプラノ音域が自然に維持され続けている世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。本人は“コントラバスにヴァイオリンの弦が張られている”などと自身の体型になぞらえて愉快な表現で説明している。国立音楽大学を卒業後、フランスのプーランク音楽院を首席で修了。その実力は各方面から高い信頼を得ており、様々なアーティストや国内オーケストラとの共演のみに留まらず、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団等、海外オーケストラからの呼び声も高い。そのレパートリーは幅広く、宗教曲、オペラ、クラシカル・クロスオーバー、ミュージカル、映画音楽、日本の唱歌、ポップスと多岐にわたり、フジテレビ系フィギュアスケート中継のテーマ曲「ボレロ」ではまさにその真骨頂を聴くことが出来る。また、ライフワークとして取り組んでいる全国各地の学校訪問コンサートは年間数十公演に及び、子供達とのふれあい活動を通して音楽の楽しさや喜びを伝えている。温かく心の奥底に響いてくるその唯一無二の奇跡の歌声は、自身のソロコンサートやオペラ、ミュージカル出演等で会場を沸かせ、多くの人々に感動を与えている。

 

過去の代表作

♪リリース♪

2019.3     「BoléroⅣ~New Breath~ | 春なのに」Al

2016.10   「春なのに~想歌(おもひうた)」Al

2014.12   「BoléroⅢ」配信

2014.3     「永遠の海」(NHK BSプレミアム 高知発地域ドラマ「ダルマさんが笑った。」主題歌)

2011.2.23「君のために歌おう」 Al

2010.1.20「ジパング -心に響く、日本のうた-」 Al

2009.8.19「道標」 Sg

2006年から2015年にかけてCX系フィギュアスケート番組のオープニングソング「ボレロ」を担当。

2007.1.13「ソプラニスタ・ザ・ベスト」 Al

2005.11.16「旅立ちの日に」 Al

2005.2.2「空へ」 Sg

2004.11.26「ラ・ヴォーチェ」 Al

2004.10.21「E-I-E-N」 Sg

2004.1.21「涙のアリア」 Sg(CX「牡丹と薔薇」主題歌)

2003.11.26「ソプラニスタ」 Al

 

♪主なメディア露出♪

テレビ朝日系「徹子の部屋」,TBS系「うたばん」,NHK-BSプレミアム「BS日本のうた」,TX「たけしの誰でもピカソ」,フジテレビ系「ミュージック・フェア21」,フジテレビ系「めざましテレビ」,TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」,日本テレビ系「日本一テレビ・全日本歌唱力選手権~歌唱王~」,BS-TBS「日本名曲アルバム」,NHK高知「岡本知高の宿毛じまん旅」,NHK高知「土佐の夏2013 よさこい祭り」,NHK「国民総参加クイズSHOW!クイズバトル47」,NHK「ニューイヤーオペラコンサート2010」,フジテレビ系「芸能人最強アカペラ王者決定戦ハモネプ☆スターリーグ」,日本テレビ系「マジかるハテナ」,テレビ東京系「木曜8時のコンサート」,読売テレビ系「秘密のケンミンSHOW」,NHK「スタジオパークからこんにちは」,NHK「愛されて50年♪みんなのうたフェスティバル!」,NHK「名曲アルバム」,フジテレビ系「水曜歌謡祭」,日本テレビ系「有吉反省会」

♪主なイベント出演♪

第71回日本ダービー開会式2004  国歌独唱

愛・地球博(愛知万博)世界フィギュアスケート選手権大会2007東京

世界フィギュアスケート選手権大会2007東京

四大陸フィギュアスケート選手権2013大阪

ファッションイベント「THE MADAM SHOW2013 A/W」

ソチオリンピック日本選手団結団式2014  国歌独唱

アイスショー「Fantasy on Ice 2015 in KANAZAWA・KOBE」

2015 Jリーグチャンピオンシップ 国歌斉唱

おすすめエリア