• horipro

宮本亞門

ミヤモトアモン

  • PRINT

肩書き

演出家

生年月日

1958年1月4日

出身地

東京都銀座

プロフィール

 1958年1月4日生まれ。 2004年東洋人初の演出家としてオンブロードウェイにて「太平洋序 曲」を上演、同作はトニー賞4部門でのノミネートを果たす。 ミュージカルのみならず、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、 ジャンルを越える演出家として、国内・海外で精力的に活動。 2020年、新型コロナウイルスと闘っている医療従事者、 また部屋で不安を抱えいる人たちに、少しでも希望を感じてもらいたいと 発足した「上を向いて歩こう」プロジェクトを展開。 2020年 ミュージカル演出「生きる」10月9日~28日東京日生劇場 他 富山 ・兵庫・福岡・名古屋 2020年東山紀之主演「チョコレートドーナツ」12月7日~30日に東京・渋谷PARCO劇場

Amon Miyamoto

  • PRINT

INFORMATION

[ 宮本亞門 特別インタビュー ] コロナ禍の今だからこそ、 お葬式の価値を見つめなおす

[ 宮本亞門 特別インタビュー ] コロナ禍の今だからこそ、 お葬式の価値を見つめなおす。

もの繋ぎ・ひと繋ぎプロジェクトに賛同しています。

もの繋ぎ・ひと繋ぎプロジェクト

https://instagram.com/ginza_monotsunagi?igshid=ovhveblt8q95

書籍「上を向いて生きる」 発売!!

https://www.gentosha.co.jp/book/b13336.html

10月8日(木)幻冬舎より書籍「上を向いて生きる」 発売になりました

自殺未遂や引きこもり、突然のがん体験……。常に不条理と闘いながら、演出家として「生きる」とは何かを問い続けてきた。新型コロナで多くの人が生きづらさを感じるいま、読めば心が軽くなる、至高のメッセージ。

・人生は悲劇にも喜劇にもなる
・心の蓋をひらく
・大変な時こそ笑顔で
・衰え?それは日々新しい進化
・不安と恐怖から抜け出すには
・今この瞬間を無駄にしない
・同じ景色は二度とない
・想像力を使って楽になる
・ドーナツ そのものを見るか、穴を見るか
・自分を褒める言葉を傍におく
・「生きる」ことそれ自体を深く見つめる
・幸福の時こそ謙虚に
・最善を尽くす生き方

公式 facebook

宮本亜門 公式 facebook

 

https://www.facebook.com/AmonMiyamotoOfficial/

過去の代表作

略歴

1958年、東京都生まれ。 ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎などジャンルを越 える演出家として国内外で幅広い作品を手がける。

1987 年、ミュージカル「アイ・ガット・マーマン」で演出家デビュー。

翌年、文化庁芸術祭賞受賞。2004 年、ニューヨークのオン・ブロード ウェイにて、東洋人初の演出家としてミュージカル「太平洋序曲」を 上演。同作はトニー賞 4 部門でノミネートを果たした。

2011 年、三 島由紀夫原作「金閣寺」を舞台化し、ニューヨークのリンカーン・セ ンター・フェスティバルに正式招聘された。

2013 年、初の欧州でのオペラ演出を手がけ、オーストリアにて宮本亜 門版「魔笛」(モーツァルト作曲)を世界初演。

2018 年、世界で 初めて能楽と 3D 映像を融合した「幽玄」を皇太子殿下、マクロン大 統領を迎えベルサイユ宮殿で上演した。

黒澤明監督映画「生きる」のミュージカル化を演出。

2019 年、舞台「画狂人 北斎」、オペラ「金閣寺」フランス凱旋公 演を手がける。ドラァグクィーン達がディスコヒッツで歌い踊るミュージカル「プリシラ」は待望の再演となった。

2019年前立腺の摘出手術を受ける。

術後公演として7月、フィギュアスケート×源氏物語『氷艶hyoen2019〜月光かりの如く〜』を演出。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』のジャパン・プレミエ等を公演。11月ミュージカル『イノサン』演出

2020年、新型コロナウイルスと闘っている人、医療従事者、生活を支えるために働いている人、また部屋で不安を抱え未来を案じている人たちに、少しでも希望を感じてもらいたいと発足した「上を向いて歩こう」プロジェクトを展開。

最近の演出・振付として、2020年ミュージカル演出「生きる」10月9日~28日東京日生劇場 他 富山・兵庫・福岡・名古屋

2020年東山紀之主演「チョコレートドーナツ」12月7日~30日に東京・渋谷PARCO劇場他

上田・仙台・大阪・東海予定。

2021年3月4日(木)~14日(日)

『画狂人 北斎』令和三年版 東京都 新国立劇場 小劇場

2021年3月20日(土・祝)・21日(日)
長野県 小布施町北斎ホール

2021年3月24日(水)・25日(木)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2021年3月31日(水)
香川県 レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール

2021年4月3日(土)・4日(日)
石川県 北國新聞赤羽ホール

※ほか地方公演あり

脚本:池谷雅夫
演出:宮本亜門
出演:升毅 / 黒谷友香 / 陳内将、津村知与支、水谷あつし平野良

 

その他の活動

香川県PRプロジェクト「カッコつけます。アート県。」PR大使
TOKYO ZEROキャンペーン 呼びかけ人

2020年「上を向いて歩こう」プロジェクト

https://uewomuite-project.squarespace.com/

2020年第3回 服部真二 特別賞受賞

2020年三島由紀夫文学館メモリアル・アンバサダーに就任

 

著書

『引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす』(2012年 NHK出版)
『宮本亜門のバタアシ人生』(2008年 世界文化社)
『ALIVE―僕が生きる意味をみつけるまで』(2001年 日本放送出版協会)
『亜門日記-極私的オペラ考』(1996年 音楽の友社)
『ミュージカルにディープ・キス』(1992年 マガジンハウス)

新刊『上を向いて生きる』(2020年10月8日幻冬舎)https://www.gentosha.co.jp/book/b13336.html

 

 

おすすめエリア