• horipro

池田鉄洋

イケダテツヒロ

  • PRINT

生年月日

1970年10月31日

出身地

東京都

血液型

AB型

サイズ

身長:176cm 靴:27.5cm

免許・資格

普通自動車免許、剣道初段

特技

水泳、スキー、キャンプ、イラスト描き

趣味

神社仏閣巡り、雑貨集め、ベランダガーデニング

INFORMATION

映画「屍人荘の殺人」に出演!

映画「屍人荘の殺人」に、執事の中の執事 管野唯人役で出演致します。

国内主要ミステリー賞4冠を達成した超話題作の実写映画化!

12月13日(金)公開!!

【物語】

神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。3人が向かった先は山奥に佇むペンション【じんそう】。そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった

【監督・出演者】

監督:木村ひさし

出演:神木隆之介、浜辺美波、葉山奨之、矢本悠馬、佐久間由衣、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、池田鉄洋、古川雄輝、柄本時生

(敬称略)

<公式サイト>shijinsou.jp/sp/

 

WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に出演!

WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に出演致します。

【放送予定日】

2019年10月6日(日)スタート

毎週日曜22:30

※第1話無料放送(全5話)

放送終了後、WOWOWメンバーズオンデマンドにて見逃し配信!

TSUTAYAプレミアムでも放送終了後より配信!

 

【ストーリー】

2014年、川崎市内で女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きる。被害者は皆、首をつられて殺されており、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれていた。犯人の手掛かりがつかめず警察の捜査は難航するが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)はこの殺人事件の容疑者として、古びたアパートに暮らす男・野木直哉(古川雄輝)をマークしていた。
野木の本名は八木沼雅人。6歳のときに母親と一緒に誘拐され、瀕死の状態で発見された“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。野木は身元を詐称してアパートに暮らし、気配を消して息を潜めながら生活していたのだが、警察はそんな野木への疑いを深めていく。そんな中、野木は隣に住んでいた吉佳(SUMIRE)と接触。お互い恵まれない環境で育った2人に、通じ合う何かが生まれてくるのだが…。

 

【関連情報】

原作:麻見和史「石の繭 警視庁殺人分析班」(講談社文庫刊)
脚本:清水 匡
音楽:諸橋邦行
監督:内片輝 山本大輔
チーフプロデューサー:松永綾
プロデューサー:植田春菜 北川雅一
製作:WOWOW TBSスパークル
出演:古川雄輝 SUMIRE 深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.) 平埜生成 千葉哲也 阿南健治 二階堂 智 鶴見辰吾 池田鉄洋  ほか

(敬称略)

 

【公式HP】

https://www.wowow.co.jp/drama/hadou/

KTV・CX 7月期新火9ドラマ「TWO WEEKS」に出演!

「人生たった一度でいい。俺は人間らしく生きたい…」
一度は人生を諦めたクズ男が、娘の命を救うため決死の逃亡!

三浦さん演じる主人公・結城大地は、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れます。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられます。

突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだします。しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうことに。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じます…。

命のタイムリミットまで2週間 × 殺人の濡れ衣 × 逃亡劇
複雑に絡み合う人間関係のなかで描かれるスリリングな展開は必見!
さらに、伏線は8年前?徐々に明らかになる結城の過去とは?

結城を中心に、検察、警察、政治家、闇の組織など、さまざまな立場の登場人物の思惑や陰謀が複雑に絡み合う逃亡劇は、このドラマの魅力の一つ。後日発表される個性豊かな登場人物を演じる出演者にもご注目いただきたい。さらに、誰が味方で、誰が敵なのか?巧みな変装や危険な行動を駆使し、迫りくる追っ手から逃げ続ける結城を待ち受けるスリリングな展開は必見!手術に向けた2週間のカウントダウンが刻々と進む焦りを抱えながら、窮地に追い込まれても懸命にもがき苦しむ結城の姿に、ハラハラドキドキしながら応援したくなるはずです。2週間後に待ち受ける結末に向けて、手に汗握る逃亡劇から目が離せません!

また、物語の伏線となるのが、8年前に結城が人生を諦めるきっかけとなった「ある出来事」。徐々に明らかになっていく結城の過去にも、ぜひご注目を!

出演

三浦春馬
芳根京子
比嘉愛未
三浦貴大
稲垣来泉(子役)
近藤公園
バッファロー吾郎A
神尾 佑
久保田悠来

原沙知絵
池田鉄洋

高嶋政伸
黒木 瞳

(敬称略)

公式HP:https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html

映画「任侠学園」に出演!

2019年秋全国公開の映画「任侠学園」に、料理上手の武闘派というトリッキーな男・健一役で出演致します。

社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』!

真面目過ぎるが故、空回りしながらも世の為、人の為に走り回る不器用な彼らが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる!まさに“令和”の「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズとも言える、人情コメディが幕を開ける!

主演2人を支える阿岐本組の組員を担う、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基。さらに、彼らが理事となって再建を図る高校の生徒として、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が出演。

【ストーリー】

困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

【キャスト・スタッフ】

◉出演: 西島秀俊  西田敏行 伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋 ・ 佐野和真 前田航基 ・ 桜井日奈子 ほか

◉原作: 今野敏「任俠学園」(中公文庫刊)

◉脚本: 酒井雅秋

◉監督: 木村ひさし

(敬称略)

公式HP:https://www.ninkyo-gakuen.jp/

池田テツヒロ演出!舞台『どれミゼラブル』是非ご期待下さい!!

【INTRODUCTION】

松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)が遂に舞台単独初主演!
2004年に大好評を博した「どれミゼラブル!」が、池田テツヒロを演出に迎えて再演決定!

本作は、テレビで数多くの有名番組の放送作家として活躍し、脚本家、演出家としても活動している可児理華による書き下ろしのコメディ作品です。新宿シアターサンモールで2004年に初演された際は大好評で、全公演が満席になるほどの高い評価を得ました。それから15年の時を経て、今回のキャストに合せて大幅に書き直し、昨今は俳優として活躍が際立つものの、脚本家、演出家としても活動している池田テツヒロを演出に迎えて、装いも新たに満を持して4大都市での再演です。

物語は、若者の街、演劇の街と言われる下北沢の片隅にあるアパート「コーポ・レミゼ」が舞台。一癖も二癖もある売れない役者たちの巣窟となっている伝説のアパートに、地方から上京してきた俳優志望の若者が入居してきてから起こる珍騒動を描きます。この若者を、宇宙Sixとして主演を飾る『のべつまくなし』に次いで、単独初主演となる松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)が演じます。

【STORY】

若者の街、演劇の街といわれる下北沢の片隅にあるアパート「コーポ・レミゼ」。ここに住めば必ず人気役者になれると言われる伝説の館に、現在は売れない役者たちがしぶとく住み続けている。

ショーパブの仕事がメインの自称ミュージカル俳優、市河マサチカ(石垣佑磨)。プライドだけは高いお笑い芸人兼作家見習いのコムサ真二(室龍太)。その他大勢のスーツアクターのアクション俳優、ジャッキ・チェーン(金田哲)。大部屋の歌舞伎役者の中村鶴若(早乙女友貴)。そして、神経質な中年オタクのアングラ俳優、安具楽秀樹(石橋徹郎)。この5人、いつになったら役者として花を咲かせるのか。家賃を滞納し続ける5人に大家の松子(岩田華怜)もほとほと困っている。

ある日、役者志望の田中守(松本幸大)が上京し、伝説の「コーポ・レミゼ」に住みたいとやってくる。右も左もわからない守に5人は好き勝手に演技指導をし、守は振り回される。それでも明るく前向きに進む守をいつしか5人は応援していく。だが、そんな時アパートが差し押さえになるという噂が聞こえてきて……。

果たして、守は役者としてデビューできるのか?コーポ・レミゼはどうなるのか?
そして、5人は人生を立て直すことができるのか?

【池田テツヒロメッセージ】

トキワ荘ってご存じですか? 「ドラえもん」で有名な藤子・F・不二雄先生や、「笑ゥせぇるすまん」の安孫子素雄先生、「おそ松くん」や「天才バカボン」の生みの親である赤塚不二夫先生らが、プロの漫画家を目指し切磋琢磨したアパートの名前です。「どれミゼラブル!」の舞台は下北沢にある『演劇版トキワ荘』なんですって。それってまさに、私が下積み時代に住んでいたアパートそのものなんです。家賃二万五千円、風呂なしトイレ共同の四畳半。夜遅くまで芝居の稽古をして、コインシャワーの列に並ぶ。メインのおかずは納豆で、週に一度の肉なし野菜炒めがご馳走。そんな辛い日々も、夢とユーモアで乗り切ったのです。あの日々の希望と挫折と哀愁を、たっぷり使って演出させていただきます。「どれミゼラブル!」、とんでもない傑作になりますよ。

【チケット販売スケジュール】

2019年6月1日(土)~ 公式サイト先行受付開始!

2019年7月6日(土)~ 一般発売開始!

【公演スケジュール】

10月3日~14日 博品館劇場

10月17~22日 松下IMPホール(大阪)

10月30・31日 ももちパレス大ホール(福岡)

11月3・4日 電力ホール(仙台)

¥9,000(全席指定・税込)

【公式HP】

https://www.doremize.jp/

(敬称略)

NHK BSプレミアム「本気でイグ・ノーベル賞狙います!」メインMCとして出演!

NHK BSプレミアム「本気でイグ・ノーベル賞狙います!」

【放送日程】6月29日(土)22:30~23:30

【公式HP】https://www4.nhk.or.jp/P5079/

イグ・ノーベル賞を狙うべく、本気でオモシロ実験にチャレンジ!折り紙タイヤで車は走るか?萌えは人間の潜在能力を引き出せるか?過去受賞者が新たな装置を開発!

池田鉄洋がメインMCで所長として、人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究に贈られるイグ・ノーベル賞を深掘りします。日本人は12年連続でこの賞を受賞している!本気でイグ・ノーベル賞を狙うべく恐らく誰もやろうとしない実験にチャレンジ!折り紙で作ったタイヤで車は走るのか?「萌え」は人間の潜在能力を引き出せるのか?イグ・ノーベル賞受賞者が新たな実験!新開発した「動物と自撮り2ショット写真が撮れる装置」をMC生駒里奈さんが検証!どんな結果が導きだされるのか!

テレビ朝日系2夜連続スペシャルドラマ「名探偵・明智小五郎」に出演!

テレビ朝日系2夜連続スペシャルドラマ「名探偵・明智小五郎」に、明智率いるハッカーチーム「チームBD」の一員・羽柴壮二役で出演致します。

【番組詳細】

2夜連続スペシャルドラマ

「名探偵・明智小五郎」

第一夜:SHADOW~警察データベース流出!!犯罪者連続殺人

放送:2019年3月30日(土)21:00~23:10

第二夜:VAMPIRE~巨大病院サイバージャック!!

放送:2019年3月31日(日)21:00~23:05

【公式HP】

https://www.tv-asahi.co.jp/akechi/#/?category=drama

29年ぶり復活!東映まんがまつり「おしりたんてい」に出演!4/26公開!

「おしりたんてい」にてパーマネント刑事の声を担当しておりますが、この度、29年ぶりに東映まんがまつりが復活!

4月26日(金)全国にて公開されます!!

【詳細】

1967年より、東映が子供向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活!20194月に劇場公開することが決定しました。

日本全国の子供たちに夢と希望を与えた同シリーズ。宮崎駿監督はじめ、名だたるアニメーター、クリエイター達も数多く参加していた「東映まんがまつり」 。

注目のラインナップは、絵本、読み物がシリーズ累計500万部を超え(201811月現在)、NHK Eテレで121日よりレギュラー放送が開始される「おしりたんてい」20184月より「月刊コロコロコミック」で連載開始、10月からはテレビ東京系で始まったアニメも小学生男子の人気「爆」上昇中の「爆釣バーハンター」2005年に開設したブログ「うちの3姉妹」が大人気となり、単行本もベストセラーに、2008年よりテレビ東京系にてアニメ放送、小学生女子に根強い人気の「うちの3姉妹」。そしてダンボール工作が動くマカフシギなアニメーション「りさいくるずー」の、豪華4本立て!
復活する「東映まんがまつり」をお楽しみに!

【公式HP】

http://www.toei-mangamatsuri.jp/

テレビ東京系「逆襲のビリーちゃん~最下位から学ぶ人生の歩き方」にMCとして出演!

業界トップと最下位を比べつつ…最下位に位置する“ビリーちゃん”の生活と、内に秘めた野望、さらに逆襲劇を追う!ドキュメンタリズムバラエティにてMCにて出演!

【番組内容】

◆2月18日放送内容

(1)万年赤字“遊園地ビリーちゃん”
お客さんは来るのに赤字が止まらない群馬の遊園地に密着!元銀行員の園長が就任し逆襲を図るのだが…そこには儲からない驚きの理由があった!

(2)ランキング2050位“テニスビリーちゃん”
セルビアで活動する知られざる日本人選手に密着!2050位の低すぎる賞金とは?そしてエリート街道を捨て単身がんばる理由とは?

(3)指名数最下位“キャバ嬢ビリーちゃん”
秋田ではナンバーワン…上京し歌舞伎町で挫折を味わうキャバ嬢に密着!欠点を逆に利用して客から絶賛される!その秘策とは?

◆2月25日放送内容

(1)指名とれない“最下位”キャバ嬢
秋田から上京し歌舞伎町の人気キャバクラで働くも、指名数がビリのキャバ嬢。秋田時代は人気ナンバーワンだったのに…苦手を克服せずに、驚きの方法で逆襲する!

(2)一平ちゃんの売り上げ最下位の味
多彩な味を生み出す、焼きそば「一平ちゃん」。中にはショートケーキ味など、全然売れなかった異色の味が存在する。果たしてどんな味なのか、小峠が実食!

(3)全然売れないマニアック雑誌出版社
雑誌の世界のビリーちゃん…専門誌。その中でも特に異彩を放つ狩猟専門誌「けもの道」に注目。新たな読者を取り込むべく斬新な企画を次々と生み出し逆襲を図る!

【MC】

小峠英二(バイきんぐ)、池田鉄洋、えのきさりな

【ビリーちゃんの声】

西村瑞樹(バイきんぐ)

(敬称略)

【放送日程】

2月18日(月)・2月25日(月)24:12から

【公式HP】

https://www.tv-tokyo.co.jp/gyakushunobilly/

SPECサーガ完結篇「SICK’S 覇乃抄」に出演!

「恕乃抄」ではIQ230、ハーバード大卒の天才だが、望まないSPECをなぜか持っている御厨静琉とSPECが絡む事件に巻き込まれ警視庁公安部を追われた高座宏世が某超大国に雇われたSPECホルダーに立ち向かっていく様子を描くと同時に、自衛隊や某超大国、宗教団体がどのような思惑だったのか、SPECホルダーをめぐる権力闘争は始まったばかりだった。
「覇乃抄」では、SPECホルダーをめぐり、総理大臣や国家を動かそうとする会議体、某超大国の思惑、宗教団体の台頭、などがSPECホルダーを巡り対立が激化していく。
そこに御厨と高座、係長の野々村光次郎がどのような思いで立ち向かっていくのかを描く。

SPECホルダーである、来田・埴生・皐月を、温水洋一さん・池田鉄洋さん・六角慎司さんが演じます。そして、謎に包まれた「ホリック」を巡る争いのキーマン「玄野冥府」役には酒向芳さん。また、来田と狩野は、「SPECサーガ黎明篇・サトリの恋」にも出演しており、「サトリの恋」と「SICK’S」の世界が繋がる部分も見逃せません。

さらに…
「SICK’S覇乃抄」ではSPECホルダーを操り、アジアの某超大国と結託しつつある宗教団体「インナープラネッツ」。その貫主である「邑瀬帝法」役に山口紗弥加さんが「サトリの恋」に引き続き出演します。

是非、ご期待下さい。

<SPEC サーガ完結篇 『SICK’S覇乃抄』配信日程>
第六話:3月22日(金)深夜1時30分〜
第七話:4月5日(金)深夜0時〜
第八話:4月19日(金)深夜0時〜
第仇話:5月3日(金)深夜0時〜
第拾話:5月17日(金)深夜0時〜

  • 上記日程で、動画配信サービス「Paravi」にて独占配信!
  • 第六話のみ深夜1時30分〜となっているのにはある理由が…。

 

https://www.tbs.co.jp/sicks_specsaga/

過去の代表作

舞台

東京芸術劇場”RooTSシリーズ”第5弾「秘密の花園」(作:唐十郎 演出:福原充則/2018年1~2月)

PARCO・KAAT「オーランドー」(翻案・脚本:サラ・ルール 演出:白井晃/2017年9~10月)

アタリ・パフォーマンス「東京2/3」(脚本:内村光良 演出:飯山直樹/2017年5月)

連載40周年特別企画 「舞台版こちら葛飾区亀有公園前派出所」(脚本・演出:ラサール石井/2016年9月)

知人会新社「海の風景」(作:エドワード・オルビー翻訳:鳴海四郎演出:串田和美・木内宏昌/2016年2月~5月)

銀河劇場「GO WEST」(作・演出・出演/2015年6月)

ネルケプランニング「ドン・ドラキュラ」(原作:手塚治虫 脚本・演出:徳尾浩司/2015年4月)

東宝プロデュースシアタークリエ「BACK STAGE」(作・演出・出演/2014年6月)

青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2」(2013年12月)

青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2」(2012年12月)

世田谷パブリックシアター「4 four」(2012年11月)

青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2」(2011年12月)

阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」(2010年)

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎號「IZO」(2008年1月~2月)

阿佐ヶ谷スパイダース「少女とガソリン」(2007年)

ネンリキ「男子はだまってなさいよ!」(作・演出:細川徹/2006年7月~8月)

志村けん一座「志村魂」(2006年4月)

シアターコクーン「労働者M」(作・演出:ケラリーノサンドロヴィッチ/2006年2月)
阿佐ヶ谷スパイダース「悪魔の唄」(2005年)

サモ・アリナンズ「AB男」(2005年4月)

阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」(2004年)

G2プロデュース「止まれない12人」(2003年12月~2004年1月)

ネルケプランニング「こちら葛飾区亀有公園前派出所~海パン刑事の逆襲・檸檬も出るのじゃ~」(2003年8月)

ホリプロ「バブー・オブ・ザ・ベイビー」(作・演出:出演/2013年5月)

ネンリキ「男子はだまってなさいよ!」(作・演出:細川徹/2003年)

パルコプロデュース「MY ROCK’N ROLL STAR」(作・演出:長塚圭史/2002年11月)

阿佐ヶ谷スパイダース「日本の女」(2001年)

・表現・さわやか全作品(作・演出

・猫のホテル2000年~2010年の作品

脚本・演出

舞台「夫婦漫才」(脚本/2017年11月)

舞台「パタリロ」(脚本/2016年12月・2018年3月)

舞台「TARO URASHIMA」(脚本/2016年8月/明治座)

TBS「家族八景 Nanase, Telepathy Girl’s Ballad」(第3話脚本/2012年1月期)

MBS「子育てプレイ&MORE」(脚本/2009年7月期)

MBS「子育てプレイ」(脚本・監督/2009年4月期)

映画

「春子超常現象研究所」(監督:竹葉リサ/2015年12月)

「劇場版 びったれ!!!」(監督:金田敬 /2015年11月)

「マエストロ!」(監督:小林聖太郎/2015年1月)

「トリック劇場版 ラストステージ」(監督:堤幸彦/2014年1月)

「謝罪の王様」(監督:水田伸生/2013年9月)

「サンゴレンジャー」(監督:中前勇児/2013年6月)

「TOKYOてやんでぃ ~The Stoy Teller’s Apprentice~」(監督:神田裕司/2013年2月)

「大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇」(監督:金子文紀/2012年12月)

「スープ ~生まれ変わりの物語~」(監督:大塚祐吉/2012年7月)

「バカリズム THE MOVIE」(監督:バカリズム/2012年5月)

「LIAR GAME -再生-」(監督:松山博昭/2012年3月)
「ゴーストライターホテル」(監督:伊東寛晃/2012年3月)

「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」(監督:吉田照幸/2011年11月)
「行け!男子高校演劇部」(監督:英勉 脚本:池田鉄洋/2011年8月)

「犬飼さんちの犬」(監督:亀井亨 /2011年6月)
「シーサイドモーテル」(監督:守屋健太郎/2010年6月)
「劇場版TRICK 霊能者バトルロイヤル」(監督:堤幸彦/2010年5月)
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」(監督:佐藤祐市/2009年11月)

「悪夢のエレベーター」(監督:堀部圭亮/2009年10月)
「非女子図鑑〜男の証明」(監督:川野浩司/2009年5月)
「激情版 エリートヤンキー三郎」(監督:山口雄大/2009年2月)
「NANA2」(監督:大谷健太郎/2006年12月)

「ハチミツとクローバー」(監督:高田雅博/2006年7月)
「トリック劇場版2」(監督:堤幸彦/2006年6月)
「スクラップヘブン」(監督:李相日/2005年10月)

「NANA」(監督:大谷健太郎/2005年9月)

「近未来蟹工船 レプリカント・ジョー」(監督:松梨智子/2003年3月)

「サノバビッチ☆サブ 〜青春グッバイ〜」(監督:松梨智子/2000年9月)

「毒婦マチルダ」(監督:松梨智子/1999年4月)

 

テレビ

フジテレビ

「探偵の探偵」(最終話/2015年7月期)

「戦う!書店ガール」(第7話、8話/2015年4月期)

「信長協奏曲」(第8話/2014年10月期)

「水球ヤンキース」(第1、9、10話/2014年7月期)

「医龍~TEAM MEDICAL DRAGON 4」(レギュラー/2014年1月期)
「ほんとにあった怖い話15周年スペシャル」(2014年8月)

「人生ごっこ」(暗木狂四郎役レギュラー/2013年12月)

「フォーチュンクッキー」(2013年7月)

「謎解きはディナーのあとで スペシャル」(2012年)
「ストロベリーナイト」(第9話~最終話/2012年1月期)

「医龍~TEAM MEDICAL DRAGON 3」(レギュラー/2010年10月期)
「東京DOGS」(第8話/2009年10月期)

「不毛地帯」(レギュラー/2009年10~3月)

「VOICE」(第5話/2009年1月期)
「ハチワンダイバー」(レギュラー/2008年5~7月)

「太陽と海の教室」(レギュラー/2008年7月期)

「医龍~TEAM MEDICAL DRAGON 2」(木レギュラー/2007年10月期)
「鬼嫁日記~いい湯だな」(2007年4月期)

「ヒミツの花園」(片岡修役レギュラー/2007年1月期)

「医龍~TEAM MEDICAL DRAGON」(木原毅彦役レギュラー/2006年4月期)
劇団演技者。「第12回公演作:冬のユリゲラー」(2005年8月)

劇団演技者。「第4回公演作:ストリップ」(2004年9月~10月)
「女優杏子」(瀬戸役/2001年1月期)

NHK

木曜時代劇「鼠、江戸を疾る2」(2016年4~5月)

BSプレミアム「ドラえもん、母になる ~大山のぶ代物語~」(プロデューサー役/2015年12月)
木曜時代劇「風の峠~銀漢の賦~」(津田伊織役レギュラー/2015年1~2月)

BSプレミアム「POWER GAME パワーゲーム」(三雲和弘役レギュラー/2013年8~9月)

BSプレミアム「妻は、くノ一」(第5話/2013年4~5月)

BSプレミアム「これでいいのだ!! 赤塚不二夫と二人の妻」(赤塚不二夫役/2012年4月)

「サラリーマンNEO シーズン6」(2011年)
「サラリーマンNEO シーズン5」(2010年)
「ROMES 空港防御システム」(梶谷役/2009年10月)

「サラリーマンNEO シーズン4」(2009年)

「サラリーマンNEO シーズン3」(2008年)

「オトコマエ!」(第8話/2008年4月期)

「サラリーマンNEO シーズン2」(2007年)

朝の連続テレビ小説「純情きらり」(河原亮一役/2006年)

「幸福2020」(2005年)

大河ドラマ「義経」(2005年)

「ねばる女」(2004年)

朝の連続テレビ小説「こころ」(社員役/2003年)

大河ドラマ「武蔵」(2003年)

「介護ビジネス」(現場監督役/2001年)

「袖振り合うも」(救急隊員役/2000年)
大河ドラマ「元禄繚乱」(潮田又之丞役/1999年)
朝の連続テレビ小説「すずらん」(第23話/1999年)

テレビ東京

「下北沢ダイハード」(2017年7月)

「100万円の女たち」(2017年4月期)

「週刊真木よう子」(2008年4月期)

「エリートヤンキー三郎」(2007年4月期)

日本テレビ

「先に生まれただけの僕」(2017年10月期)

「脳にスマホが埋められた!」(2017年7月期)

「視覚探偵 日暮旅人」(2017年1月期)

「セーラー服と宇宙人(エイリアン)~地球に残った最後の11人~」(ギュル役レギュラー/2014年6~8月)

「トッカン」(金子長十郎役レギュラー/2012年7月期)

「ぼくの魔法使い」(面接官役:第一話&最終話)(2003年4月期)
TBS

「小さな巨人」(2017年4月期)
「リアル脱出ゲームTV Xgame」(2014年1月)

「リアル脱出ゲームTV Sky High」(2013年8月)

「ATARU」(第5話/2012年4月期)

「LADY~最後の犯罪プロファイル~」(第9、10話/2011年1月期)

「帰ってきた 時効警察」(2007年4月期)
「ですよねぇ。」(2006年1月期)
「天国に一番近い男」(最終話/2001年4月期)

「池袋ウエストゲートパーク」(第7話/2000年4月期)

テレビ朝日

「家政婦は見た!2015」(2015年12月)

「民王」(第5、8話/2015年7月期)

「トリック 新作SP3」(2014年1月)
「警部補 矢部謙三2」(秋葉原人役レギュラー/2013年7~8月)

「都市伝説の女」(第2話/2012年4月期)

「バラ色の聖戦」(桐嶋信輝役レギュラー/2011年9~10月)

「トリック 新作SP2」(2010年5月)

「警部補 矢部謙三」(秋葉原人役レギュラー/2010年4~5月)
「キミ犯人じゃないよね?」(第4話/2008年4月期)
「帰ってきた時効警察」(第7話/2007年4月期)

「はるか17」(2005年7月期)

「お祭り弁護士3」土曜ワイド劇場(ウエイター役/2002年)
「G-taste」(女医編/小野役/2001年4月期)

その他

LaLa TV「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな SEASON 2」(2015年9月)

wowow連続ドラマW「闇の伴走者」(2015年4~5月)

TVK他 「びったれ!!!」(2015年1月期)

ムービープラス「オーケストラのすべてが分かる!?~再結成前夜~」(2015年1月)

LaLa TV「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(2014年11月~2015年2月)

wowow「お先にどうぞ」(第4話/2013年7月~2014年1月)

wowow「引き継ぎ」(2011年3月)

TVK他「犬飼さんちの犬」(2011年1~4月)

LISMO Channel他「ロス:タイム:ライフ」(第12節・親子篇/2010年6月)

MBS他「親孝行プレイ」(2008年)

web「オロナミンC キモチスイッチプロジェクト「劇団キモチスイッチ」」(2007年7月)

GyaO「ブラコメ」(2006年)

BS日本他「19borders」(2004年)

TVK他 「ドゥニチラブ」(2003年)

その他

書籍「ミックスサンドイッチ」(徳間書店/2013年)

ザ・マスミサイル「グッド・バイ」(PV出演/2013年)

DVD「にゃんこんと2」(声/2012年2月)

DVD「にゃんこんと」(声/2011年3月)

書籍「行け!男子高校演劇部」(泰文堂/2011年)

NHKBSプレミアム「額縁をくぐって物語の中へ」(2011年4月~2012年3月)

週刊ザテレビジョン「池田鉄洋のないものねだり」(角川書店/2009年)
NHK教育「わたしのきもち」(モラッチャ王役レギュラー/2008年4月〜2010年3月)
ゆず「虹」(PV出演/2009年)

テレビ山梨「あかねの季節」(声/2008年5月)
写真展「愛子と一郎とあいみの、めっちゃイケテルンバ」(2008年3月)

写真展「愛子と一郎のイケテルンバ」(2007年5月)

DVD「Comedy News Show」(声/2005年)

レミオロメン「3月9日」(PV出演/2004年)

CX「SMAP SMAP」(心理捜査官稲垣〜クリスマスキャロルの頃には〜)(2001年)

表現・さわやか

『表現・さわやか 番外恋愛公演「TanPenChu-♥」』(期間・会場:2015年9月、赤坂RED/THEATER 他)

『表現・さわやか 第11回公演「The Greatest Hits Of HYOGEN SAWAYAKA」』(期間・会場:2014年9月、下北沢駅前劇場 他)

『表現・さわやか 第10回公演「ストレンジ ストーリーズ」』(期間・会場:2013年10月、下北沢駅前劇場 他)

『表現・さわやか 第9回公演「ロイヤルをストレートでフラッシュ!!」』(期間・会場:2012年6月、本多劇場 他)

『表現・さわやか 第8回公演「15♥0」』(期間・会場:2011年6月、下北沢駅前劇場 / HEP HALL)

『表現・さわやか 第7回公演「アラン!ドロン!」』(期間・会場:2010年9月、下北沢駅前劇場 他)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第6回公演「ザ ベスト オブ 表現・さわやか」』(期間・会場:2009年7月、本多劇場)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか +B-amiru「ザ ワースト オブ 表現・さわやか」』(期間・会場:2009年4月、シアターブラッツ)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第5回公演「美少年オンザラン」』(期間・会場:2008年11月、下北沢駅前劇場 他)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第4回公演「ポエム」』(期間・会場:2007年11月、下北沢駅前劇場 他)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第3回公演「そこそこ黒の男」』(期間・会場:2006年11月、下北沢駅前劇場 他)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第2回公演「おんなのこのキモチ」』(期間・会場:2005年6月、下北沢駅前劇場)

『猫のホテルプレゼンツ 表現・さわやか 第1回公演「熱海→ラスベガス」』(期間・会場:2004年6月、OFF・OFFシアター)

おすすめエリア