• horipro
  • horipro

市村正親

イチムラマサチカ

  • PRINT

生年月日

1949年1月28日生まれ

出身地

埼玉県

血液型

A型

略歴

1973年に劇団四季の「イエス・キリスト=スーパースター」でデビュー。以後、退団後もミュージカル、ストレートプレイ、一人芝居など様々な舞台に意欲的に挑戦する日本を代表する舞台俳優。

INFORMATION

ミュージカル「ミス・サイゴン」出演決定!

2022年、日本初演30周年となる「ミス・サイゴン」に市村正親が出演することが発表されました。

やっと上演できる今回の公演、お楽しみに。

https://www.tohostage.com/miss_saigon/

BSプレミアム・BS4K「忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段」出演決定!

永遠の国民的エンタメ「忠臣蔵」に革命を起こした実在の大スター!

虐げられ、いじめられても負けなかった不屈の男・痛快無比のサクセスストーリー!

落語や講談で人気の「中村仲蔵」は、江戸時代の伝説の歌舞伎役者・初代中村仲蔵(1736-1790)が裸一貫からはい上がる実話をベースとした下克上物語。今回、その物語を、国民的人気を誇る「忠臣蔵」を軸にドラマ化。映像作品での主役は大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」以来となる中村勘九郎が、その傑出した身体表現力で天才俳優の一代記を力強く演じます。

市村は、仲蔵の才能を見抜いて抜擢をする当時の大スター・四代目市川團十郎を演じます。

閉塞感の只中を生きる現代の日本人を励まし、奮い立たせる年末エンターテインメント巨編です。

【脚本・演出】源 孝志(「京都人の密かな愉しみ」「スローな武士にしてくれ」「ライジング若冲」)

【音   楽】阿部海太郎

【出    演】中村勘九郎/上白石萌音 中村七之助/谷原章介 若村麻由美 尾上松也 大東駿介/

髙嶋政宏/藤原竜也/名取裕子 笹野高史 石橋蓮司/吉田鋼太郎/段田安則/市村正親

【制作統括】宮坂佳代子(NHK)伊藤 純(NHKエンタープライズ)八巻薫(オッティモ)

【プロデューサー】 川崎直子(NHKエンタープライズ)八木康夫(オッティモ)

「劇場版 ルパンの娘」出演決定!

泥棒・円城寺輝(演:大貫勇輔)の父、円城寺豪役でドラマに引き続き出演いたします!

 

≪作品概要≫

【タイトル】  『劇場版 ルパンの娘』

【公開日】10月15日(金)

【出演】 深田恭子 瀬戸康史 橋本環奈 小沢真珠 栗原類 どんぐり(竹原芳子) / 市村正親

藤岡弘、(特別出演) / 大貫勇輔 小畑乃々 太田莉菜 マルシア 信太昌之 我修院達也 麿赤兒       渡部篤郎

【原作】  横関大『ルパンの娘』『ホームズの娘』『ルパンの帰還』(講談社文庫刊)

【スタッフ】 監督:武内英樹   脚本:徳永友一 音楽:Face 2 fAKE

【公式HP】 https://lupin-no-musume-movie.com/

 

映画「そして、バトンは渡された」出演決定!

映画『そして、バトンは渡された』

血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった森宮優子。わけあって料理上手な義理の父親、森宮さんと二人暮らし。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中。将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかり…。高校を卒業した優子は、森宮さんに結婚を反対され、かつての親巡りの旅に出ることに―。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花。泣き虫な娘のみぃたんに精一杯愛情を注ぎ共に暮らしていたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう―。しかしこの家族には、「命をかけた嘘」と「知ってはいけない秘密」があった-。

市村正親は梨花の再婚相手となる泉ヶ原茂雄を演じます。

■原作:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫 刊)

■監督:前田哲  ■脚本:橋本裕志

■出演:永野芽郁 田中圭 岡田健史

石原さとみ/大森南朋 市村正親 ほか

■公式サイト:soshitebaton-movie.jp  ■公式Twitter:@baton_movie  #そしてバトンは渡された

■配給:ワーナー・ブラザース映画

©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

ミュージカル「オリバー!」上演決定!

ミュージカル『オリバー!』

原作:チャールズ・ディケンズ

脚本・作詞・作曲:ライオネル・バート

後援:ブリティッシュ・カウンシル

主催:『オリバー!』製作委員会

 

キャスト:市村正親(フェイギン役) ほか

 

東京公演:2021年9月下旬~11月上旬 東急シアターオーブ

大阪公演:2021年12月(予定)

 

公式サイト:https://www.oliver-jp.com/

過去の代表作

舞台

[劇団四季在団中]
「イエス・キリスト=スーパースター」、「ウエストサイド物語」、「エクウス」、「ヴェニスの商人」、「カッコーの巣をこえて」、「コーラスライン」、「エレファントマン」、「エビータ」、「アンデルセン物語」、「日曜はダメよ!」、「ロミオとジュリエット」、「オペラ座の怪人」、「M.バタフライ」 他多数

[退団後]
「ミス・サイゴン」 (1992年 帝国劇場)
*1年5ヶ月大ロングランでエンジニア役を612回務める
「キャバレー」 (1993年 シアターアプル)
「ラ・カージュ・オ・フォール」 (1993年 青山劇場 他)
「スクルージ」 (1994年 東京芸術劇場)
「蜘蛛女のキス」 (1996年 青山劇場)
「クリスマス・キャロル」(1996・2001年 サンシャイン劇場 他)
「アート」 (1999年 サンシャイン劇場)
「リチャード三世」 (1999年 彩の国さいたま芸術劇場 他)
「シラノ・ザ・ミュージカル」(2000年 赤坂ACTシアター 他)
「ハムレット」 (2001年 彩の国さいたま芸術劇場 他)
「平成市村座」 (2001年)
「You Are The Top~今宵の君」(2002年 世田谷パブリックシアター 他)
「ストーン・イン・ヒズ・ポケッツ」(2002年 東京グローブ座 他)
「海の上のピアニスト」 (2002年 東京芸術劇場 他)
「モーツァルト!」 (2002年 日生劇場 他)
「ぺリクリーズ」 (2003年)
「ミス・サイゴン」 (2004年 帝国劇場)
「クリスマスキャロル」 (2004年 ル テアトル銀座 他)
「デモクラシー」 (2005年 シアター1010 他)
「ワンアクターズショウ ペールギュントの旅」(一人芝居) (2005年 サントリーホール)
「モーツァルト!」 (2005年 大阪・東京・名古屋・博多、2007年 帝国劇場)
「屋根の上のバイオリン弾き」 (2006年 日生劇場)
「ライフインザシアター」(2006年 東京・大阪・仙台・新潟・名古屋・北九州・長崎)
「ダンスオブヴァンパイア」 (2006年 帝国劇場)
「ペテン師と詐欺師」 (2006年 銀河劇場)
「スウィーニートッド」 (2007年 日生劇場)
「氷屋来たる」 (2007年 新国立劇場)
「ヴェニスの商人」 (2007年 銀河劇場)
「ペテン師と詐欺師」 (2008年 日生劇場 2月地方公演)
「KEAN」(2008年 銀河劇場 兵庫)
「ラ・カージュ・オ・フォール」(2008年 日生劇場 北九州 大阪)
「炎の人」(2009年 銀河劇場)
「屋根の上のヴァイオリン弾き」(2009年 日生劇場)
「按針 ANJIN イングリッシュ・サムライ」(2009年12月~2010年1月 銀河劇場)
「鹿賀丈史 市村正親 それぞれのコンサート」(2010年3月 東京国際フォーラム ホールC)
「キャンディード」(2010年6月)
「ロックンロール」 (2010年8~9月)
「 モーツァルト!」 (2010年11月~2011年1月)
「スウィーニー・トッド」 (2011年5~7月青山劇場他)
「炎の人」 (2011年11月銀河劇場他)
「 ラ・カージュ・オ・フォール」 (2012年1~2月日生劇場他)
「エンロン 」(2012年4月銀河劇場他)
「ミス・サイゴン」(2012年7~9月、2012年12~2013年1月青山劇場他)
「 家康と按針」 」(2012年12月~2013年1月青山劇場他)
「屋根の上のヴァイオリン弾き」 (2013年3~4月日生劇場他)
「 スウィーニー・トッド」 (2013年5~6月青山劇場他)
「 それからのブンとフン」(2013年9~10月銀河劇場他)
「スクルージ」 (2013年12月赤坂ACTシアター他)
「ラブ・ネバー・ダイ」(2014年3~4月日生劇場)
「ミス・サイゴン」(2014年7月帝国劇場)
「アート」(2015年4~5月サンシャイン劇場他)
「NINAGAWA・マクベス」(2015年9~10月/Bunkamura シアターコクーン)
「プリンス・オブ・ブロードウェイ」※声のみの出演(2015年10~東急シアターオーブ他)
「スクルージ」(2015年12月赤坂ACTシアター)
「スウィーニー・トッド」(2016年4~5月東京芸術劇場)
「市村座」(2016年8月~9月東京芸術劇場)
「ミス・サイゴン」(2016年10月~11月帝国劇場)
「市村座2016」(2016年8月~9月)
「紳士のための愛と殺人の手引き」(2017年4月~5月)
「生きる」(2018年10月赤坂ACTシアター)
「ドライビング・ミス・デイジー」(2019年6月~7月紀伊国屋ホール)
「ラヴ・レターズ」(2020年2月PARCO劇場)
「スジナシBLITZシアター」(2020年9月赤坂ACTシアター)

受賞歴

1980年:第18回 ゴールデン・アロー賞演劇賞(『かもめ』『エレファントマン』)
1983年:第34回 芸術選奨文部大臣賞新人賞演劇部門(『ユリディス』『エクウス』)
1992年:第18回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
1992年:第47回 文化庁芸術祭賞(『ミス・サイゴン』)
1998年:第19回 松尾芸能賞演劇優秀賞(『ラ・カージュ・オ・フォール』『スクルージ』)
2002年:第10回 読売演劇大賞優秀男優賞(『海の上のピアニスト』『モーツァルト!』)
2002年:第53回 芸術選奨文部科学大臣賞(『海の上のピアニスト』)
2004年:第12回 読売演劇大賞優秀男優賞(『ミス・サイゴン』)
2005年:第30回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
2007年:第44回 ゴールデン・アロー賞演劇賞
2007年:春の紫綬褒章
2008年:第8回 朝日舞台芸術賞秋元松代賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
2008年:第16回 読売演劇大賞優秀男優賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
2009年:第17回 読売演劇大賞最優秀男優賞(『炎の人』)
2009年:第44回 紀伊國屋演劇賞 個人賞(『炎の人』)
2011年:第2回 岩谷時子賞特別賞
2016年:第2回森光子の奨励賞
2017年:第25回読売演劇大賞優秀男優賞
2019年:春の旭日小綬章

テレビ

獅子の時代(1980年、NHK大河ドラマ) – 小此木恭平 役
微笑天使(1981年、[MBS])
古畑任三郎 (1999年5月18日放送、フジテレビ系)- 第33回「絶対音感殺人事件」犯人・黒井川尚役
HR(2002年 – 2003年、フジテレビ) – チェッキー 役
砂の器(2004年、TBSテレビ)
真夜中のアンデルセン(2002年、NHK)
オーダーメイド(2004年、NHK)
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(2006年、日本テレビ) – 榊喜一 役
バンビーノ!(2007年、日本テレビ) – 宍戸鉄幹 役
ハタチの恋人(2007年、TBSテレビ) – 鈴木風太 役
金曜プレステージ『和田アキ子物語』(2008年、フジテレビ) – 堀威夫 役

THE世界遺産(2008年4月 – 2010年3月、TBSテレビ) ナレーション
江~姫たちの戦国~(2011年、NHK大河ドラマ) – 明智光秀 役
JIN-仁- 完結編(2011年、TBSテレビ) – 佐久間象山 役
ヤング ブラック・ジャック(2011年4月23日、日本テレビ) – 本間丈太郎 役
王様の家(2011年10月クール、BS朝日)- 平井陽介 役 ※初主演
伝説の監察医 オニグマの事件簿(2012年3月5日、TBS) – 主演・熊井吾郎 役
蛇蠍のごとく(2012年3月14日、テレビ東京) – 主演・古田修司 役
ATARU(2012年4月 – 6月、TBS) – 猪口誠役※チョコザイの父
Oh, My Dad!!(2013年7-10月、フジテレビ)-福原社長
王様の家スペシャル(9月23日19時~21時OA予定、BS朝日)主演 平井陽介 役
連続テレビ小説 べっぴんさん(2016年10月~2017年4月、NHK)-麻田茂男 役
嘘の戦争(2017年1月クール、関西テレビ)-二科興三 役
平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」(2017年11月26日、テレビ朝日)-高槻功 役
家康、江戸を建てる(2019年1月2日-3日、NHK)-徳川家康 役
集団左遷!!(2019年4月クール)-藤田秀樹 役
ドクターX~外科医・大門未知子~第6期(2019年10月クール、テレビ朝日)-ニコラス丹下 役

必殺仕事人2020(2020年6月)-湯川伊周役

映画

「ホテルビーナス」(2004年)
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(1993年) – ジャック・スケリントン役
「そのとき私は死ぬことにした」(2006年、原作『ベロニカは死ぬことにした』)
「ストリングス~愛と絆の旅路~」(2007年) – カーロ役
「十三人の刺客」(2010年)-鬼頭半兵衛 役
「素敵な金縛り」(2011年)
「テルマエ・ロマエ」(2012年) – ハドリアヌス 役
「愛と誠」(2012年)
「のぼうの城」(2012年) – 豊臣秀吉 役ATARU(2013年)
「テルマエ・ロマエⅡ」(2014年) – ハドリアヌス 役
「高台家の人々」(2016年)‐高台茂正Jr.(マサオ)役
「泥棒役者」(2017年)-前園俊太郎 役

声優

ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ(2000年、テレビ東京) – ミュウツー役
サンリオ映画コレクション 妖精フローレンス(1985年) – マイケル役
劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年) – ミュウツー役
キングダム ハーツ(2002年、スクウェア) – ジャック・スケリントン役
キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(2004年、スクウェア・エニックス) – ジャック・スケリントン役
キングダム ハーツII(2005年、スクウェア・エニックス) – ジャック・スケリントン役
大乱闘スマッシュブラザーズDX(2001年、任天堂) – ミュウツー役
レイトン教授と奇跡の仮面(レベルファイブ)ブロネフ・ライネル
サウンドピクチャーボックス ミュウツーの誕生(1999年) – ミュウツー役
くだんのはは(原作:小松左京、全文朗読作品、1987年)
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(2005年) – レッドXIII役
東京ディズニーランド「ホーンテッドマンション”ホリデーナイトメアー”」(2004年 – ) – ジャック・スケリントン役
ワンピースR(2013年・2014年)-BOSS:レッド役
ジョバンニの島(西久保瑞穂監督、2014年2月22日公開、配給:ワーナー) -辰夫役
ドラえもん のび太の宇宙英雄記(2015年、東宝)-イカロス 役
バースデー・ワンダーランド(2019年、ワーナー・ブラザーズ映画)-ヒポクラテス役
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年、東宝)-ミュウツー役

おすすめエリア