• horipro

新城幸也

アラシロユキヤ

  • PRINT

肩書き

プロロードレーサー

出身地

沖縄県(石垣島)

生年月日

1984年9月22日

身長

170cm

所属チーム

バーレーン・メリダ プロ・サイクリングチーム

グランツール

ツール・ド・フランス 7度出場

ジロ・デ・イタリア 2度出場

ブエルタ・ア・エスパーニャ 3度出場

INFORMATION

DVD発売「新城幸也・バイシクルトレーニング・バイブル 初級者向けベース・ビルディング編」

【商品概要】
DVD「新城幸也・バイシクルトレーニング・バイブル 初級者向けベース・ビルディング編」
の発売について

【内容】
世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスに 7 度出場、2度の敢闘賞を獲得している日本のトップサイクルロードレース選手・新城幸也。
その新城幸也選手が今まで培ってきた自身のノウハウを語るべく出演する初めての競技自転車用トレーニングDVD。
当DVDでは、新城幸也選手による実技映像を交えつつ、日本を代表するバイシクルトレーニングの専門家、柿木克之氏と中野喜文氏が、2人のベース・ビルディング・トレーニングに関する知見をつまびらかにしながら、新城幸也選手の強さの根源・トレーニングの真髄に迫ってゆく。

【商品概要】
○タイトル:「新城幸也・バイシクルトレーニング・バイブル初級者向けベース・ビルディング編」
○出演:新城幸也(バーレン・メリダ・プロサイクリングチーム)
柿木克之(Blue Wych 合同会社)
中野喜文(エンネ・ スポーツマッサージ治療院)
土井雪広(サイクルコメンテーター)
○巻数(収録時間) DVD(1枚)(本編 146 分+特典 16 分)
○販売価格 4,580 円(本体)+税
○発売日 2019 年 6 月 17 日
○クレジット 協力: 柿木孝之(Blue Wych 合同会社)
株式会社ミヤタサイクル
PHOTO: 飯島美和
企画協力: 株式会社ホリプロ
企画・制作: 合同会社 UP LITTLE WORKS
撮影協力: 湘南ベルマーレサイクルステーション茅ヶ崎
Natural Foods 柳島 Kitchen
ツインリンクもてぎ
ギャラップ
お問い合わせ 合同会社 UP LITTLE WORKS 担当:細沼
メールアドレス: cicli_mugimori@icloud.com

【本編】
1)
(※以下の5項目については、中野喜文氏の欧州プロ自転車チームのマッサーとしての知見をもとに、中野氏、柿木氏が新城選手に迫る)
・フィッティングについて
(新城選手がたどり着いた現在のポジションについてなど)
・新城幸也選手の身体的特徴
(新城選手の身体の特徴、呼吸法、体幹の安定性、新城選手流身体のケアについてなど)
・ペダリングについて(新城選手のペダリングの特徴)
・食事の大切さ
(新城選手の食べているメニュー、所属チームの食事、サプリメントに対する新城選手の考え
など)
・ストレッチポール®を使ったセルフケア(新城選手と行う 7 つのエクササイズ )
2)
(※以下4項目では、柿木克之氏による講義にてトレーニングに関する基礎知識を学習する。)
・運動生理学の基礎知識と LT について
・体力評価の実施
・トレーニングの原理について
・トレーニングを開始するにあたって
(※以下6項目は、柿木克之氏によるトレーニングメニューの説明をベースに、新城選手の体験談・トレーニング法とその考え方を、中野喜文氏のヨーロッパチーム在籍時の経験談を交えながら3者で掘り下げてゆく。)

・トレーニングに際しての大前提
・MEDIUM LT パワー値の向上
・STRONG LT パワー値の向上
・STRENGTH 筋力・解糖系の強化
・PACE 複合的な能力の向上
・トレーニングスケジュール

【特典】
・特典映像1:サーキット走行編(副音声付き)
(新城幸也選手がツインリンクもてぎを全力で1周走る模様を、土井雪広氏が追走して撮影)
・特典映像2:インタビュー編
(新城幸也選手とツインリンクもてぎを一緒に走ることになった参加者に新城選手がインタ
ビュー)
・特典映像3:柿木克之氏(BlueWych 合同会社)資料
(DVD 第2パートにて使用する柿木克之氏(BlueWych 合同会社)制作の 37 ページ(表紙扉含む)の資料)
【付録】飯島美和氏撮影の新城幸也選手オリジナルポストカード 3 枚付き

《各出演者のプロフィール》
【新城幸也】
1984 年生まれ、沖縄県石垣島出身。高校卒業後、本格的に自転車競技を開始。ロードレースに魅力を感じ渡仏後、国内チーム所属を経て、2009 年フランスの UCI プロチームと契約。2009 年戦後日本人 2 人目となるツール・ド・フランスに出場、初出場で第 2 ステージでは 5 位に入り、日本の自転車史を塗り替えた。その後も 2010 年世界選手権 9 位、2011年アジア自転車競技選手権大会・個人ロードレースで優勝。2012 年・2016 年のツール・ド・フランスでは敢闘賞を獲得。ロンドン・リオデジャネイロオリンピック出場。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャとグランツールを 11 回完走。日本人として初めて全グランツールを制覇した。

【柿木克之】
東北大学反応化学研究所(現多元物質科学研究所)JSR 株式会社を経てパワーデータ解析とアドバイスを専門に行う
BlueWych 合同会社を設立。
日本自転車競技連盟(JCF)医科学部会員(2010-2012)自転車競技選手のパフォーマンスアップに関する研究を行うと共に、プロサイクリングチーム、プロ自転車選手、学生選手(東京大学など)と強化検証及び強化プログラムの実施を行う。2012年9月「自転車競技のためのフィロソフィー」を出版。オリ・パラ ナショナルチームの強化支援。文部科学省スポーツ功労者顕彰(2016)。博士(工学)。

【中野喜文】
鍼灸・あん摩マッサージ指圧師。これまで治療院勤務、サッカー、陸上、自転車チーム帯同などを歴任。’98年から20シーズンに渡り欧州プロ自転車チームのマッサーとして活動。日本人マッサージ師として初めてツール・ド・フランスに参加し、ツール・ド・フランス15回、グランツールは35回の帯同歴をもつ。スポーツマッサージ、鍼灸治療、リハビリのみならず、身体評価を重視したバイクフィッティングを行う。エンネ・スポーツマッサージ治療院院長。

【土井雪広】
1983年山形県山形市生まれ。元自転車プロロードレース選手。山形電波工業高等学校、法政大学を経て、2004年よりシマノレーシングでプロ入り。2005年からシマノ・メモリーコープ(当時)で欧州を主戦場としレースに参戦。2011年、2012年と2年連続でブエルタ・ア・エスパーニャを完走。ブエルタを完走した初の日本人選手。
2018 年をもって引退。現在はサイクルコメンテーター。

 

【過去のテレビ・ラジオ出演】

◆2019年09月 NHK-BS1スペシャル「日本代表へのペダル~激闘!ロードレース~」

◆2019年08月 NHK-BS1「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」

◆2019年05月 TOKYO FM「My Olympic Story」

◆2019年03月 NHK BS1「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」

◆2019年02月 NHK BS1「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」

◆2019年01月 BS日テレ「POWERフレーズ」

◆2019年01月 TOKYO FM「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」

◆2018年12月 TBSラジオ「ミラクルサイクルライフ」

◆2018年11月 TOKYO FM「SUNDAY BACK NINE」

◆2018年03月 NHK BS1「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」

◆2018年01月 BS朝日「アスリートインフィニティー」

◆2017年12月 ニッポン放送「あさナビ」

◆2017年12月 TBSラジオ「ミラクルサイクルライフ」

◆2017年11月 BS朝日「スポーツクロス」

◆2017年11月 テレビ東京「2017ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム特番」

◆2017年01月 NHK「グッと!スポーツ」

◆2017年01月 フジテレビ「スポーツジャングル」

◆2017年01月 FM栃木「MAIチャリ」

◆2016年12月 TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」

◆2016年12月 NHK BS1「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」

◆2016年12月 フジテレビ「スポーツジャングル」

◆2016年07月 NHK BS1「アスリートの魂」

◆2013年11月 毎日放送「情熱大陸」

過去の代表作

●2019年

◆サントス・ツアー・ダウンアンダー 総合39位

◆ツアー・オブ・オマーン 総合66位

◆ツアー・オブ・スロベニア 総合66位

◆全日本選手権ロードレース 2位

◆アドリアティカ・イオニカレース 総合71位

◆ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合110位

略歴

小学校5年の時に初めてロードバイクに乗ったが、中学2年では地元で盛んだったハンドボール部に入部をした。

高校3年夏のインターハイでハンドボール部を引退したのち、父の知り合いでもあるロードレーサー福島晋一氏のツアー・オブ・ジャパン宇都宮ステージで優勝した際のビデオを観て刺激を受けて自転車競技の道を志す。

高校卒業後、自転車競技に転向しフランスへ留学をして「ブリヂストン・エスポワール」に所属をする。そして、日本初の独立チーム「チーム・バン・サイクリング」を経て2007年からは新チーム「エキップアサダ」に所属。2009年からはUCIプロチームである「ブイグテレコム」と契約を結び、プロツアー選手としてフランスで活動。この2009年に世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」に日本人2人目となる自身初出場をして、日本人として初めて完走をした。2011年第31回アジア自転車競技選手権ロードレースを優勝し、2012年のツール・ド・フランスでは第4ステージに敢闘賞を獲得。またその年のロンドンオリンピックに日本代表として出場をした。

2016年イタリアのUCIプロチーム「ランプレ・メリダ」に所属をし、2月のレース中に落車をし大腿骨を骨折してしまう。

日本でリハビリを行い、驚異的な回復をみせて5月の復帰レース「ツアー・オブ・ジャパン」の第7伊豆ステージでステージ優勝を果たし多くの人に感動を与えた。

7月は自身6度目となる「ツール・ド・フランス」に出場をして、8月はリオデジャネイロオリンピックに日本代表として出場をした。

2018年

◆アジア選手権 個人ロードレース5位/チームタイムトライアル優勝

◆ツール・ド・台湾 総合優勝

◆ツール・ド・広西 総合68位

◆ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 3位

2017年

◆ロードレース世界選手権 47位

◆ツール・ド・フランス  総合109位

2016年

◆第36回アジア自転車競技選手権大会 個人ロードレース2位

◆ツール・ド・フランス 第6ステージ敢闘賞

◆リオデジャネイロオリンピック 個人ロードレース27位

2015年

◆ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合65位

2014年

◆アムステルゴールドレース 10位

◆ジロ・デ・イタリア 総合128位

◆ツール・ド・フランス 総合65位

2013年

◆全日本自転車競技選手権大会 ロード優勝

◆ツール・ド・フランス 総合99位

◆ツール・デュ・リムザン 総合2位

2012年

◆ツール・ド・フランス 第4ステージ敢闘賞/総合84位

◆ロンドンオリンピック 個人ロードレース48位

◆ツール・デュ・リムザン 総合優勝

2011年

◆第31回アジア自転車競技選手権大会 個人ロードレース 優勝/個人タイムトライアル 4位

◆全日本自転車競技選手権大会 ロード 2位

 

2010年

◆ジロ・デ・イタリア 第5ステージ3位/総合93位

◆ツール・ド・フランス 第11ステージ6位/総合112位

◆世界選手権  エリート男子ロード9位

◆パリ〜ツール 5位

 

2009年

◆ツール・ド・フランス 第2ステージ5位/総合129位

◆ダンケルク4日間レース  総合9位

2008年

◆ツール・ド・おきなわ 第1、第2ステージ優勝/総合優勝

◆ツール・デュ・リムザン 第2ステージ優勝/総合3位

◆ツール・ド・熊野 総合3位

2007年

◆全日本自転車競技選手権大会 ロード優勝

◆ブエルタ・ア・レオン 総合2位

◆ツール・デュ・ジュラ 2位

◆ツール・ド・北海道 第4ステージ優勝/総合3位

◆ツール・ド・おきなわ 3位

◆ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ優勝

2006年

◆ツール・デュ・リムザン 総合3位/新人賞

◆世界選手権自転車競技大会・U23部門 個人ロード 14位

◆ツール・ド・おきなわ 3位

2005年

◆全日本自転車競技選手権大会・U23部門 ロード&タイムトライアル優勝

おすすめエリア