妻夫木 聡

ツマブキ サトシ

  • PRINT

出身地

福岡県

生年月日

1980年12月13日

身長

171cm

血液型

O型

サイズ

B)81 W)68 H)83 S) 27

趣味

音楽・映画鑑賞

ファンクラブ

妻夫木聡オフィシャルファンクラブ ”ONE DO”

INFORMATION

主演映画「バンクーバーの朝日」12月20日公開!

va_320200

妻夫木が主演の映画「バンクーバーの朝日」
いよいよ12月20日公開となります。
バンクーバーの朝日とは
戦前、貧しい日本を飛び出し一攫千金を夢見てカナダへ渡った日本人たち。
しかしそこに待ち受けていたのは過酷な労働、人種差別でした。
やがて日本人たちは日本人街を作り、そこで生まれ育った二世たちで
野球チーム「朝日」が結成されます。
朝日は日本人の特徴を生かした戦術でカナダリーグを戦っていきます。
その姿は日本人のみならず、カナダ人たちの心も次第に掴んでいく。
そんな過酷な環境下におかれても決してめげずに、前向きに、好きなことの為に
生きていくひたむきな姿が描かれています。
皆さんの心に必ずや届く素敵な映画です。
是非劇場でご覧下さい。
映画「バンクーバーの朝日」
脚本:奥寺佐渡子
監督:石井裕也
出演:妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮  佐藤浩市  他
配給:東宝

NODA・MAP第19回公演『エッグ』に出演!

2012年にNODA・MAP第17回公演として上演された、野田秀樹作・演出の舞台『エッグ』の2015年公演に出演します。

egg_640

[東京公演] 2015年2月3日(火)~22日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
[フランス公演] 2015年3月3日(火)~8日(日) パリ国立シャイヨー劇場
[大阪公演] 2015年3月26日(木)~4月8日(水) シアターBRAVA!
[福岡公演] 2015年4月16日(木)~19日(日) 北九州芸術劇場 大ホール

出演:妻夫木聡 深津絵里 仲村トオル 秋山菜津子 大倉孝二 藤井隆 野田秀樹 橋爪功 ほか

2014年12月13日(土)日本公演チケット全国一斉発売

詳細は野田地図『エッグ』公式HP http://www.nodamap.com/egg/ をご覧ください。

★妻夫木聡ファンクラブONE DOでは当公演チケットを2014年11月15日(土)より先行販売(抽選)予定です。

【FC先行予約(抽選)受付日程】 2014年11月15日(土)~2014年11月28日(金)
※北九州公演のみ現在調整中につき、上記期間以外のご案内とさせていただく場合がございます。

ファンクラブにてご購入いただきますと、ファンクラブ会員限定のオリジナル特典として、初演時の舞台写真(数種類、用意する予定です)を、チケット1枚購入につき1枚プレゼント致します!

新規ご入会の場合、11月10日までに入会手続き(お支払いまで)完了された方は上記受付に間に合います。是非、この機会にご入会ください♪

*妻夫木聡ファンクラブONE DO については下記の「会員募集中」記事をご覧ください。

山田洋次監督作品「家族はつらいよ」出演決定!!

山田洋次監督の最新作「家族はつらいよ」に出演いたします。

 

メンバーは2013年1月に公開された「東京家族」と同じ面々。

山田監督は「現代の家族を喜劇で描くなら、このメンバーが最高のアンサンブル」とコメント。

「東京家族」と同じ家族構成ながら、まったく異なる別の家族の物語を今度は喜劇で作り上げます。

 

公開は2016年とまだ先ですが、是非ご期待ください!

TOYOTA CMに出演中!!

ドラえもんシリーズで大人気のTOYOTAのCMにのび太役で出演しております!!

是非ご覧ください。 公式HP

LOTO7 CMに出演中!!

ロト夫木、いや妻夫木部長でおなじみのLOTO7のCM。絶賛放送中です。

今後の展開も楽しみです!!乞うご期待!! 公式HP

サッポロビール「黒ラベル」CM出演中!!

「大人を旅する不思議なエレベーター」のフレーズで話題のサッポロ生ビール黒ラベルの大人気CMに出演中です。
妻夫木聡が架空の「大人エレベーター」に乗り込み、階数に応じた年齢の大人たちに出会う、5年目を迎えた人気のCMシリーズです。
皆様、是非チェックしてください。

Canon CMに出演中!!

Canon EOS70DのCMに出演させて頂いております。素晴らしい世界観の中にたたずむ素敵なCMです。

公式HP

グリコのCMに出演

江崎グリコ グリコ コーポレートTV-CM「smile.Glico」篇 にて、妻夫木聡がCMキャラクターを務めています。
下記の公式HPでもご覧いただけますので、是非チェックしてください。

妻夫木聡オフィシャルファンクラブ”ONE DO”会員募集中!

ONE-DO-LOGO
ファンクラブでは新規会員を募集しております。会員期間:1年間(月単位)
会費(税込):入会金 1,030円、年会費 4,937円、申込手数料 308円
入会特典:
オリジナル・メンバーシップカード発行
入会特典オリジナルグッズ プレゼント
ファンクラブ・マガジン年4回発行(不定期)
ファンクラブ・イベント実施 等

ご入会は…◎インターネット
パソコン/スマートフォン http://www.e-get.jp/horifan/pe/
フィーチャーフォン(ガラケー)  http://www.e-get.jp/horifan/de/
にアクセスし、「妻夫木聡ファンクラブ」よりお手続きください。

◎コンビニエンスストア「ローソン」店内設置端末「Loppi(ロッピー)」
Loppiメニュー画面の「各種サービス」>「スポーツ/コンサート/演劇/ミュージカル・お笑い/会員向けサービス/ファンクラブ入会・継続」>「ファンクラブ」>「アーティスト」>「妻夫木聡ファンクラブ」と進み、「入会」よりお手続きください。

過去の代表作

デビューのきっかけ

アミューズ、ホリプロ、ニッポン放送が時代のスターを発掘する”アホポンプロジェクト”による世界初のオーディションマシン「スタアオーディション」で、全国でオーディション史上最多の300万人が参加した「超ビッグオーディション」の第1回グランプリを獲得。その後ホリプロに所属する。

TV

1998.11.7 CX 「すばらしい日々」デビュー
1999.1~ CX 「お水の花道」
1999.4~ ANB 「恋の奇跡」
2000.4~ TBS 「池袋ウエストゲートパーク」
2000.7~ NTV 「リミット もしもわが子が・・・」
2000.10~ TBS 「夜のXX自慢」(バラエティー初レギュラー)
2001.1~ CX 「カバチタレ!」
2001.4~ TBS 「天国に一番近い男」
2001.7~ CX 「できちゃった結婚」
2001.12 CX 「忠臣蔵 1/47」
2002.1~ CX 「ロング・ラブレター ~漂流教室」
2002.2 NTV 「東京ぬけ道ガール」
2002.4~ CX 「ウエディングプランナー」
2002.7~ CX 「ランチの女王」
2003.4~ TBS 「ブラックジャックによろしく」
2004 ANB 「砦なき者」
2004.4~ TBS 「オレンジデイズ」
2005.4 CX 「世にも奇妙な物語」~美女缶~
2005.7~ CX 「スローダンス」
2007.9~ EX 黒澤明ドラマスペシャル第一夜「天国と地獄」
2009 NHK大河ドラマ「天地人」

2014.7~CX「若者たち2014」

映画

1999.12 「GTO」 (監督:鈴木雅之)
2001.3 「富江 re-birth」 (監督:清水 崇)
2001.9 「ウォーターボーイズ」 (監督:矢口史靖)
2002.10 「SABU~さぶ~」 (監督:三池崇史)
2002.12 「JUSTICE」 (監督:行定 勲)※「jam films」の中の1作品
2003.7 「さよなら、クロ」 (監督:松岡錠司)
2003.8 「ドラゴンヘッド」 (監督:飯田譲治)
2003 「ジョゼと虎と魚たち」 (監督:犬童一心)
2004 「きょうのできごと」 (監督:行定 勲)
2004 「69~sixty nine~」 (監督:李相日)
2004 「約30の嘘」 (監督:大谷健太郎)
2005 「ローレライ」 (監督:樋口真嗣)
2005 「春の雪」 (監督:行定 勲) 原作:三島由紀夫
2006 「やわらかい生活」 (監督:廣木隆一)
2006 「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」
2006 「涙そうそう」 (監督:土井裕泰)
2007 「どろろ」 (監督:塩田明彦)
2007 「歌謡曲だよ人生は」第9話「逢いたくて逢いたくて」 (監督:矢口史靖)
2007 「憑神」 (監督:降旗康男)
2007 「クワイエットルームにようこそ」 (脚本・監督 松尾スズキ)
2008 「ザ・マジックアワー」 (脚本・監督 三谷幸喜)
2008 「闇の子供たち」 (監督 阪本順治)
2008 「TOKYO!<インテリア・デザイン>」 (監督 ミシェル・ゴンドリー)
2008 「パコと魔法の絵本」 (監督 中島哲也)
2008 「ブタがいた教室」 (監督 前田哲)
2009 「感染列島」 (監督 瀬々敬久)
2009 「ノーボイズ、ノークライ」 (監督 キム・ヨンナム)
2009 「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」 (監督 根岸吉太郎)
2010 「シュアリー・サムデイ」(監督 小栗旬)
2010 「悪人」(監督 李相日)
2011 「マイ・バック・ページ」(監督 山下敦弘)
2011 「スマグラー」(監督 石井克人)
2012 「黄金を抱いて翔べ」(監督:井筒和幸)

2012「清須会議」(監督:三谷幸喜)

2013「東京家族」(監督:山田洋次)

2014「ジャッジ!」(監督:永井聡)

2014「小さいおうち」(監督:山田洋次)

2014「ぼくたちの家族」(監督:石井裕也)

2014「渇き。」(監督:中島哲也)

2014「STAND BY ME ドラえもん」※声の出演 (監督:八木竜一・山崎貴)

2014「舞妓はレディ」(監督:周防正行)

舞台

「キル」(作・演出:野田秀樹) 2007.12.16~2008.1.31 Bunkamura シアターコクーン
「南へ」(作・演出:野田秀樹) 2011.2.10~3.31
「エッグ」(作・演出:野田秀樹)2012.9.5~10.28

連載

non・no「カリスマ・アニキに会いに行く」2002.1~

ラジオ

「チャレンジ・ナイツ」 LF 1999.5~2000.3

 

「世界から猫が消えたなら」 NHK オーディオドラマ 2013年7月20日

ビデオ

1999.6.17 「Street Jam」(ポニーキャニオン)

CD

2000.6.21 「Making a Fresh Start」 BASKING LITE(Vo.B.)(Deadstock Bomb)
2005.10 「日本昔ばなし~フェアリーストリーズ第4巻」 (コロムビアミュージックエンタテインメント)

写真集

2000.10 ファーストフォトブック「カレ、ツマブキサトシ」(学研)

受賞

2001年 『第25回 日本アカデミー賞』 主演男優賞・新人俳優賞
2002年 『第39回 ゴールデン・アロー賞』 映画新人賞
2003年度 『第77回 キネマ旬報ベストテン』 最優秀主演男優賞
2003年度 『第25回 ヨコハマ映画祭』 最優秀主演男優賞
2003年度 『第18回 高崎映画祭』 最優秀主演男優賞
2004年度 『第2回 ウラジオストック映画祭』 最優秀主演男優賞
2004年度 『第29回 報知映画賞』 最優秀主演男優賞
2005年度 『第29回 日本アカデミー賞』 優秀主演男優賞
2010年度 『第34回 日本アカデミー賞』 最優秀主演男優賞
2010年度 『第53回 ブルーリボン賞』 主演男優賞
2010年度 『第23回 日刊スポーツ映画大賞』 主演男優賞
2010年度 『全国映連賞』 男優賞

ホリプロからのお知らせ

renewal

ホリプロオフィシャルサイトがリニューアル!

ホリプロオフィシャルサイトが新しく生まれ変わりました。 数多くの所属タレントの中から目当てのタレントにいち早くたどり着ける検索機能を拡充。 またタレントの魅力を伝える動画も充実したこのサイトでよりホリプロのタレントを知ってくださいね! Vineはこれからもどんどんアップしていきますよ。お楽しみに!!

おすすめエリア