• horipro
  • horipro

妻夫木 聡

ツマブキ サトシ

  • PRINT

出身地

福岡県

生年月日

1980年12月13日

身長

171cm

血液型

O型

サイズ

B)81 W)68 H)83 S) 27

趣味

音楽・映画鑑賞

INFORMATION

WOWOW連続ドラマW『イノセントデイズ』主演決定!!

WOWOWの連続ドラマWに主演させて頂くことになりました。タイトルは『イノセント・デイズ』

原作は早見和真先生の同名ヒューマン・サスペンス小説で、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門を受賞されました。発行部数が34万部を突破したベストセラーです。早見先生原作の映像化への出演は映画『僕たちの家族』についで2度目。

また、監督は2017年に公開された、妻夫木主演の映画『愚行録』を手掛けた石川慶監督。愚行録では新藤兼人賞銀賞など獲得し、今、世界が注目する監督です。
今回の企画の実現には妻夫木自身が大きく関わらせて頂いております。

原作を読み映像化を強く望んだ妻夫木自身の想いが2人を結び付けました。

<物語>

妻夫木演じる佐々木慎一は、幼なじみの女性確定死刑囚が犯したとされる罪の真偽に疑問を感じる。彼女はなぜ死刑を受け入れたのか、そして彼女が犯した本当の罪とは何だったのか。死刑執行が迫る中、無実を信じ調査を進める慎一は、彼女の壮絶な半生を知るとともに、意外な真実にたどり着く。

放送は2018年3月18日(日)スタート(全6話) WOWOWプライム[第1話無料放送] 毎週日曜よる10:00からスタートです。

最後に妻夫木から皆さんにメッセージです。

『子供の頃から常にそばにいたドラマ。次が見たくてよく家に走って帰りました。

そんなドラマをお届けできるよう心を込めて演じさせて頂きます。

人は何のために生きるのだろう。
イノセント・デイズ
この意味を最後皆さんがどう捉えるのか、とても楽しみです。』

是非、ご覧ください。

公式HP

 

中国の大ヒット映画「唐人街探案 Detective Chinatown」続編に出演!!

この度、妻夫木が2015年に中国で公開されて大ヒットを記録したコメディー映画「唐人街探案 Detective Chinatown」の続編

「唐人街探案2 Detective Chinatown2」に出演することになりました!!

監督&脚本はご自身も俳優でもある陳思誠(チン・スーチェン)監督。

主演は数々のヒット作品に主演されている名優・王宝強(ワン・バオチェン)さん(唐仁役・タンレン)とデビュー以来、数々の賞を受賞している新鋭、劉昊然(リュウ・ハオラン)さん(泰風役・チン・フォン)。

妻夫木は日本の「道楽探偵」野田昊(ノダヒロシ)を演じています。

野田は世界探偵推理アプリの名探偵ランキングでは第3位にランクされていて、第2位の秦風を追い越すこともある頭脳を持ち合わせている。そしてとんでもないナルシストで、自身を宇宙級のハンサムだと自認しているという役です。

公開は2018年春節(2018.2.16)に中国で公開になります。

現状日本での公開は未定です。

公式の情報は中国語のみですが、こちらの微博(ウェイボー)で観れます。微博(ウェイボー)は中国のSNSです。

映画公式微博(ウェイボー)

山田洋次監督作品・映画「家族はつらいよシリーズ」第3弾に出演決定!!

皆様からの熱い声援に背中を押され、山田洋次監督作品・「家族はつらいよ」シリーズの続編製作決定しました!

もちろん妻夫木も平田庄太役で続編に出演が決定しました!!

新タイトルは『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』 今回、山田監督が描くのは主婦への賛歌です。

映画館で、思い切り声を出して笑い、笑った後に少し励まされて、「明日からまた頑張るか」と心軽やかな気持ちで家路につく

そんな、家庭や仕事のストレスもふっ飛ばす、「家族はつらいよ」シリーズ。

公開は全国松竹系で2018年5月25日公開予定です。

是非、劇場でご覧ください。

公式HP

映画「来る」出演決定!!

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智先生の小説「ぼぎわんが、来る」。

こちらの映画化に妻夫木が出演することになりました。

原作は“得体の知れない脅威”が忍び寄るホラーの王道的な恐ろしさを持ち合わせながら、「今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる」という人間の怖さもリンクしたことで高い評価を受けております。

監督は日本映画界の鬼才・中島哲也監督。妻夫木とは「パコと魔法の絵本」「渇き」についで3度目のタッグとなります。

妻夫木は「イクメンパパ」として長女・知紗を溺愛する田原秀樹を演じます。

周囲で不可解な出来事が起こり出し、“何かに狙われているのでは?”と疑心暗鬼になっていく秀樹。

いったい秀樹に何が起こっているのか?

共演者は岡田准一さん、黒木華さん、小松菜奈さん、松たか子さん。

ホラー映画という概念を塗り替える映画「来る」、2019年全国東宝系で公開です。

是非、ご覧ください。

公式HP

DAZN CM出演中!!

テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、そしてゲーム機等で視聴可能のDAZN (ダ・ゾーン)

Jリーグ、プロ野球、メジャーリーグ、ラグビーなどなど手軽に楽しめます。

そのDAZNのCMに妻夫木が出演しております。

興奮すると人が変わる・・・そんなコンセプトの面白いCMになっております。

是非、DAZNでスポーツを観ましょう!

公式HP

 

サッポロビール「黒ラベル」CM出演中!!

「大人を旅する不思議なエレベーター」のフレーズで話題のサッポロ生ビール黒ラベルの大人気CMに出演中です。
妻夫木聡が架空の「大人エレベーター」に乗り込み、階数に応じた年齢の大人たちに出会う、6年目を迎えた人気のCMシリーズです。
皆様、是非チェックしてください。

LOTO7 CMに出演中!!

ロト夫木、いや妻夫木部長でおなじみのLOTO7のCM。絶賛放送中です。

今後の展開も楽しみです!!乞うご期待!! 公式HP

グリコのCMに出演

江崎グリコ グリコ コーポレートTV-CM「smile.Glico」篇 にて、妻夫木聡がCMキャラクターを務めています。
下記の公式HPでもご覧いただけますので、是非チェックしてください。

過去の代表作

デビューのきっかけ

アミューズ、ホリプロ、ニッポン放送が時代のスターを発掘する”アホポンプロジェクト”による世界初のオーディションマシン「スタアオーディション」で、全国でオーディション史上最多の300万人が参加した「超ビッグオーディション」の第1回グランプリを獲得。その後ホリプロに所属する。

TV

1998.11.7 CX 「すばらしい日々」デビュー
1999.1~ CX 「お水の花道」
1999.4~ ANB 「恋の奇跡」
2000.4~ TBS 「池袋ウエストゲートパーク」
2000.7~ NTV 「リミット もしもわが子が・・・」
2000.10~ TBS 「夜のXX自慢」(バラエティー初レギュラー)
2001.1~ CX 「カバチタレ!」
2001.4~ TBS 「天国に一番近い男」
2001.7~ CX 「できちゃった結婚」
2001.12 CX 「忠臣蔵 1/47」
2002.1~ CX 「ロング・ラブレター ~漂流教室」
2002.2 NTV 「東京ぬけ道ガール」
2002.4~ CX 「ウエディングプランナー」
2002.7~ CX 「ランチの女王」
2003.4~ TBS 「ブラックジャックによろしく」
2004 ANB 「砦なき者」
2004.4~ TBS 「オレンジデイズ」
2005.4 CX 「世にも奇妙な物語」~美女缶~
2005.7~ CX 「スローダンス」
2007.9~ EX 黒澤明ドラマスペシャル第一夜「天国と地獄」
2009 NHK大河ドラマ「天地人」

2014.7~CX「若者たち2014」

2015.11 CX 「世にも奇妙な物語・幸せを運ぶ眼鏡」

2016.8 NHK「キッドナップツアー」

映画

1999.12 「GTO」 (監督:鈴木雅之)
2001.3 「富江 re-birth」 (監督:清水 崇)
2001.9 「ウォーターボーイズ」 (監督:矢口史靖)
2002.10 「SABU~さぶ~」 (監督:三池崇史)
2002.12 「JUSTICE」 (監督:行定 勲)※「jam films」の中の1作品
2003.7 「さよなら、クロ」 (監督:松岡錠司)
2003.8 「ドラゴンヘッド」 (監督:飯田譲治)
2003 「ジョゼと虎と魚たち」 (監督:犬童一心)
2004 「きょうのできごと」 (監督:行定 勲)
2004 「69~sixty nine~」 (監督:李相日)
2004 「約30の嘘」 (監督:大谷健太郎)
2005 「ローレライ」 (監督:樋口真嗣)
2005 「春の雪」 (監督:行定 勲) 原作:三島由紀夫
2006 「やわらかい生活」 (監督:廣木隆一)
2006 「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」
2006 「涙そうそう」 (監督:土井裕泰)
2007 「どろろ」 (監督:塩田明彦)
2007 「歌謡曲だよ人生は」第9話「逢いたくて逢いたくて」 (監督:矢口史靖)
2007 「憑神」 (監督:降旗康男)
2007 「クワイエットルームにようこそ」 (脚本・監督 松尾スズキ)
2008 「ザ・マジックアワー」 (脚本・監督 三谷幸喜)
2008 「闇の子供たち」 (監督 阪本順治)
2008 「TOKYO!<インテリア・デザイン>」 (監督 ミシェル・ゴンドリー)
2008 「パコと魔法の絵本」 (監督 中島哲也)
2008 「ブタがいた教室」 (監督 前田哲)
2009 「感染列島」 (監督 瀬々敬久)
2009 「ノーボイズ、ノークライ」 (監督 キム・ヨンナム)
2009 「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」 (監督 根岸吉太郎)
2010 「シュアリー・サムデイ」(監督 小栗旬)
2010 「悪人」(監督 李相日)
2011 「マイ・バック・ページ」(監督 山下敦弘)
2011 「スマグラー」(監督 石井克人)
2012 「黄金を抱いて翔べ」(監督:井筒和幸)

2012「清須会議」(監督:三谷幸喜)

2013「東京家族」(監督:山田洋次)

2014「ジャッジ!」(監督:永井聡)

2014「小さいおうち」(監督:山田洋次)

2014「ぼくたちの家族」(監督:石井裕也)

2014「渇き。」(監督:中島哲也)

2014「STAND BY ME ドラえもん」※声の出演 (監督:八木竜一・山崎貴)

2014「舞妓はレディ」(監督:周防正行)

2014「バンクーバーの朝日」(監督:石井裕也)

2015「黒衣の刺客」(監督:ホウ・シャオシェン)

2016「家族はつらいよ」(監督:山田洋次)

2016「殿、利息でござる」(監督:中村義洋)

2016 「怒り」(監督: 李相日)

2016 「ミュージアム」(監督: 大友啓史)

2017「愚行録」(監督: 石川慶)

2017「家族はつらいよ2」(監督:山田洋次)

2017「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(監督:大根仁)

 

舞台

「キル」(作・演出:野田秀樹) 2007.12.16~2008.1.31 Bunkamura シアターコクーン
「南へ」(作・演出:野田秀樹) 2011.2.10~3.31
「エッグ」(作・演出:野田秀樹)2012.9.5~10.28

「エッグ」(作・演出:野田秀樹)2015.2.3~4.19@東京、パリ、大阪、北九州

「キネマと恋人」(作・演出:ケラリーノサンドロビッチ)2016.11.15~12.18@東京、大阪、松本、名古屋

「足跡姫」(作・演出:野田秀樹)2017.1.18~3.12@東京

連載

non・no「カリスマ・アニキに会いに行く」2002.1~

ラジオ

「チャレンジ・ナイツ」 LF 1999.5~2000.3

 

「世界から猫が消えたなら」 NHK オーディオドラマ 2013年7月20日

ビデオ

1999.6.17 「Street Jam」(ポニーキャニオン)

CD

2000.6.21 「Making a Fresh Start」 BASKING LITE(Vo.B.)(Deadstock Bomb)
2005.10 「日本昔ばなし~フェアリーストリーズ第4巻」 (コロムビアミュージックエンタテインメント)

写真集

2000.10 ファーストフォトブック「カレ、ツマブキサトシ」(学研)

受賞

2001年 『第25回 日本アカデミー賞』 主演男優賞・新人俳優賞
2002年 『第39回 ゴールデン・アロー賞』 映画新人賞
2003年度 『第77回 キネマ旬報ベストテン』 最優秀主演男優賞
2003年度 『第25回 ヨコハマ映画祭』 最優秀主演男優賞
2003年度 『第18回 高崎映画祭』 最優秀主演男優賞
2004年度 『第2回 ウラジオストック映画祭』 最優秀主演男優賞
2004年度 『第29回 報知映画賞』 最優秀主演男優賞
2005年度 『第29回 日本アカデミー賞』 優秀主演男優賞
2010年度 『第34回 日本アカデミー賞』 最優秀主演男優賞
2010年度 『第53回 ブルーリボン賞』 主演男優賞
2010年度 『第23回 日刊スポーツ映画大賞』 主演男優賞
2010年度 『全国映連賞』 男優賞

2013年度 『第37回 日本アカデミー賞』 優秀助演男優賞

2014年度 『第6回 TAMA映画賞』 最優秀主演男優賞

2016年度第29回東京国際映画祭『 ARIGATO賞』

2016年度『第29回日刊スポーツ映画大賞』優秀助演男優賞

2016年度 『全国映連賞』 男優賞

2016年度 『第40回 日本アカデミー賞』 最優秀助演男優賞

おすすめエリア