宮崎美子

ミヤザキヨシコ

  • PRINT

生年月日

1958年12月11日

出身地

熊本県

血液型

A型

デビューのきっかけ

昭和55年週刊朝日「篠山紀信があなたを撮ります・キャンパスの春」に応募し1月25日に掲載となる。これを機に、ミノルタ・カメラTVCMに出演、話題の人となる。同年10月TBSテレビ小説「元気です!」主演で、本格的デビュー。

INFORMATION

NHKBS時代劇「立花登青春手控え」5月13日~金曜20時

藤沢周平原作「立花登青春手控え」

NHK BSプレミアム 金曜20:00~20:54

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana/index.html

NHKで昭和57年に放送した時代劇「立花登青春手控え」をリメイク。
藤沢作品のみならず、数あるテレビ時代劇の中でも異色の「監獄もの」として注目を集めた“伝説の時代劇”が今、至高のエンターテインメントとしてよみがえります。

医者を志す立花登は、江戸で町医者をしている叔父・玄庵を頼って秋田から出てきた。玄庵の世話で小伝馬町の牢医者として職を得る。20歳の多感な青年・登は、牢の内外で巻き起こるさまざまな事件にかかわりながら、世の中の底辺で生活する人々の苦しみを目の当たりにする――。
一話完結型の青春時代劇です。

宮崎美子 主人公登の叔母で町医者玄庵の奥方 松江役

原作】

藤沢周平「獄医立花登手控え」

【脚本】
古田求、田村惠 ほか
【出演】
溝端淳平、平祐奈、石黒賢、高畑裕太、マキタスポーツ、波岡一喜、鷲尾真知子、
宮崎美子、古谷一行 ほか

 

映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 6月4日公開

映画「植物図鑑」(三木康一郎監督)

http://shokubutsu.jp/index.html

2016年6月4日(土)全国ロードショー

原作 有川浩 × 主演 岩田剛典×高畑充希
最高のキャスト×最キュン小説で贈る――
誰もが胸を締め付けられる、純愛ストーリーの誕生!

宮崎美子は高畑充希 演じる河野さやか 母親役

【ストーリー】
奇跡のように出会い、恋を知った―。

仕事もプライベートもうまくいかないOL・河野さやかは、ある夜、マンションの前で行­き倒れている1人の男・樹を見つける。
「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。しつけのできた良い子で­す。」
酔っぱらったさやかはどうせ夢の中のできごと、と、子犬を拾うように、お腹をすかせた­樹を家にあげ、食事を提供。翌朝、鼻をくすぐる料理の匂いで目覚めたさやかは、料理上­手な樹が冷蔵庫の残り物で朝食を作ってくれたことと、その味に感動し、「行く当てがな­いなら、ここにいたらいい」と思わず言ってしまう。そして、樹に家事全般を担ってもら­う条件を提案し、二人の同居生活が始まる。

草花に詳しい樹は、「ただの雑草」としか認識していなかった野草の名前をさやかに優し­く教え、休日になると二人で連れ立って行く河原やお散歩の中で「野草狩り」をしてきた­草花で美味しい料理を次々に作ってくれる。
フキの混ぜご飯に、ノビルのパスタ。「こんなものまで食べられるの?」毎日が、ただた­だ流れるように過ぎて行くだけだったさやかにとって、樹との生活は新鮮さと驚きにあふ­れていた。

樹との楽しく、癒される日常。季節の移り変わりと共に、さやかは樹にどんどん惹かれて­いくが、樹の素性については、踏み込めずにいた。聞いてしまうと、この関係が壊れてし­まうのではないか、と「ただの同居人」としての距離感を保とうとするさやかだったが、­あるきっかけで、ひた隠しにしていた自分の気持ちが溢れ出してしまい、とうとう樹に告­白する。

しかし、突然樹はさやかの部屋からいなくなってしまう。
彼には、さやかに隠している秘密があった……

はたして、さやかにとって樹は本当の運命のひとなのか?そして、二人が迎える結末とは­・・・!

テレビ朝日「CREAM QUIZ ミラクル9」水曜20:00~

テレビ朝日「CREAM QUIZ ミラクル9」毎週水曜20:00~ レギュラー出演中

http://www.tv-asahi.co.jp/miracle9/

 

テレビ朝日「クイズプレゼンバラエティーQさま」月曜21:00

毎週月曜日21:00~ テレビ朝日 「Qさま」出演中

http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/

TX「未来世紀ジパング」月曜22:00

テレビ東京「未来世紀ジパング」月曜22:00

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

BS11「宮崎美子のすずらん本屋堂」金曜22:00

BS11「宮崎美子のすずらん本屋堂」に出演中。(毎週金曜夜10時から)
毎回話題の人気作家をスタジオに招いてのブックトークなど、視聴者が知りたい本の情報が満載の1時間。
いま売れている本、これから話題になりそうな本、さらに時代を超えて心に響く本・・・、
読みたかった本に出会える知的エンターテインメント番組です。
本づくしの1時間、存分にご賞味ください。

公式HP

過去の代表作

テレビ

昭和55年10月~ TBS「元気です!」(デビュー作)
昭和56年4月~ TBS「2年B組仙八先生」
昭和57年10月~ フジテレビ 平岩弓枝シリーズ「嫁の座」
昭和59年6月~ 日本テレビ「25才たち」
昭和61年7月~ TBS金曜ドラマ「女ともだち」
昭和62年1月~ NHK銀河テレビ小説「かなかなむしは天の蟲」
昭和63年8月~ TBS花王愛の劇場「料理恋物語」
平成元年2月~ NHK銀河テレビ小説「黒潮に乾杯」
平成6年10月 NHK「にんげんマップ」司会
平成7年11月~ CBC・TBS系「トツゼン親娘」
平成8年5月 ANB土曜ワイド劇場「なんでも屋探偵帳2」
平成8年10月~ ANB「外科医・柊又三郎2」
平成9年1月 テレビ東京 初春ドラマスペシャル「放浪記」
(第14回テレビジョンATP賞’97優秀賞受賞)
平成9年8月~ CBC・TBS系「だいじょーぶ ママ」
平成9年10月~ ANB系「家政婦は見た!」
平成12年7~9月 TBS「20歳の結婚」
平成4年4月~平成13年3月 NHK「生きもの地球紀行」
(ナレーション)
平成13年4月~平成14年3月 NHK「金曜アクセスライン」
平成13年10月~平成14年3月 ABC部長刑事シリーズ「警部補マリコ」
平成14年7~9月 TBS東芝日曜劇場「太陽の季節」
平成14年12月 テレビ東京 女と愛とミステリー「パートタイム探偵」
平成15年4月~H16年3月 NHK「クイズ 見ればナットク」
平成15年8~9月 NHK 「愛の家」
平成15年10月~H16年9月 テレビ東京「なぜ?謎!ごはん」
平成16年5~6月 NHK 「農家のヨメになりたい」
平成16年6月 テレビ朝日 土曜ワイド劇場「殺人スタント」
平成16年10月 日本テレビ 「ラーメン発見伝」
平成17年1月 フジテレビ 金曜エンタテイメント「姫さま事件帖3」
平成17年10~平成18年4月 NHK連続テレビ小説「風のハルカ」
平成18年7~9月 ABC/テレビ朝日系「レガッタ ~君といた永遠」
平成19年2月 フジテレビ「翼の折れた天使たち サクラ」
平成19年4~6月 フジテレビ「プロポーズ大作戦」
平成19年8月 NHK「勉強していたい」
平成19年4~9月 NHK「サラリーマンNEO」
平成14年10月~平成19年9月 テレビ朝日「ポカポカ地球家族」 (ナレーション)
平成19年11月 TBS 月曜ゴールデン「ベビーシッターの危険な好奇心」
平成19年4月~平成20年2月フジテレビ「まるまるちびまる子ちゃん」
平成19年4月~平成20年3月テレビ朝日「スーパーモーニング」
平成20年3月フジテレビ金曜プレステージ「眉山」
平成20年4月~10月NHK「サラリーマンNEO Season3」
平成20年6月日本テレビ「ごくせん」第8話
平成20年10月日本テレビ「恋のから騒ぎドラマスペシャルV」第2話「葬儀屋の女」
平成20年10月~12月フジテレビ「イノセント・ラヴ」

平成21年1月 フジテレビ金曜プレステージ「いじわるばあさん」
平成21年3月日本テレビ「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(7話ゲスト)
平成21年3月テレビ東京「田舎に泊まろう!スピンオフドラマ 『空飛ぶりぼん』」
平成21年5月フジテレビ 土曜プレミアム・裁判員制度ドラマスペシャル「サマヨイザクラ」
平成21年5月NHK土曜ドラマ「風に舞いあがるビニールシート」
平成21年10月フジテレビ 特別ドラマ企画「誰かが嘘をついている」
平成21年NHK「サラリーマンNEO Season4」
平成22年フジテレビ 松本清張ドラマスペシャル「山峡の章」
平成22年NHK「サラリーマンNEO Season5」
平成22年フジテレビ「GOLD」第7話
平成23年フジテレビ金曜プレステージ「いじわるばあさん3」
平成23年WOWOW「ビート」
平成23年フジテレビ「プロポーズ兄弟~生まれ順別男が結婚する方法~」
平成23年 フジテレビ「内田康夫作家30周年記念 二夜連続特別企画 浅見光彦シリーズ第40弾『棄霊島』
平成23年 TBS「華和家の四姉妹」
平成23年NHK「サラリーマンNEO Season6」
平成23年フジテレビ「私が恋愛できない理由」
平成24年フジテレビ「未来日記」
平成25年NTV「チープフライト」
平成25年NHK大河ドラマ「八重の桜」
平成25年NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」
平成26年NHKザ・プレミアム『おそろし~三島屋変調百物語』
平成26年TX「新・刑事吉永誠一」(10~12月)
平成27年TX水曜ミステリー9「負け組法律事務所」(1月)
平成27年東海テレビ/CX「プラチナエイジ」(3~5月)
平成27年NHK BSプレミアム「独眼竜花嫁道中」(7月)

映画

昭和60年6月 ヘラルド・黒澤明監督「乱」
昭和61年10月 東映・澤井信一郎監督「めぞん一刻」
平成2年12月 松竹・山田洋次監督「男はつらいよ・寅次郎の休日」
平成4年6月 東宝・新藤兼人監督「墨東綺譚」
平成8年3月 グループ風土舎・瀬藤祝監督「微笑みを抱きしめて」
平成12年1月 東宝・黒澤明脚本、小林堯史監督
「雨あがる」
→第43回ブルーリボン賞 助演女優賞受賞
→第24回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞
平成15年4月 東映・東 陽一監督「わたしのグランパ」
平成15年6月 東宝・井坂 聡監督 「マナに抱かれて」
平成17年11月 東宝・行定 勲監督 「春の雪」
平成18年9月 エキスプレス・錦織良成監督 「ミラクルバナナ」
平成19年2月 東映「Dear Friends ディア フレンズ」
平成19年5月 東映「俺は、君のためにこそ死ににいく」
平成19年8月 トルネードフィルム・室賀厚監督「キャプテン」
平成20年5月 護縁・錦織良成監督 「うん、何?」
平成20年7月 ビターズエンド・廣木隆一監督 「きみの友だち」
平成20年8月 東宝・季闘士男監督「デトロイト・メタル・シティ」
平成20年9月 20世紀FOX・落合正幸監督 「Shutter」
平成20年9月 ビターズエンド・萩生田宏治監督 「コドモのコドモ」
平成21年2月 S.D.P・生野慈朗監督 「余命」
平成21年11月 ケイダッシュステージ・ヨリコジュン監督 「いぬばか」
平成22年4月 東宝・武内英樹監督「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
平成22年5月 ワーナー・ブラザーズ・猪股隆一監督 「書道ガールズ!!」
平成22年5月 松竹・錦織良成監督 「RAILWAYS」
平成22年9月 東宝・李相日監督「悪人」
平成22年9月 東映・香月秀之監督「君が踊る、夏」
平成22年9月 ゴー・シネマ・国本雅広監督「おにいちゃんのハナビ」
平成22年10月 東宝・廣木隆一監督「雷桜」
平成23年11月 ショウゲート・吉田照幸監督「劇場版サラリーマンNEO」
平成23年11月 松竹・瀬々敬久監督「アントキノイノチ」
平成24年3月 松竹・本木克英監督「おかえり、はやぶさ」
平成24年6月 コミュニティアド・金澤克次監督「武蔵野S町物語」
平成24年8月 スターサンズ・ヤンヨンヒ監督「かぞくのくに」
平成25年1月 松竹・錦織良成監督 「渾身KONSHIN」
平成25年6月 ショウゲート廣木隆一監督「100回泣くこと」
平成25年10月 奥田瑛二監督「今日子と修一の場合」
平成27年7月 佐々部清監督「群青色の、とおり道」
平成28年1月 アスミック・エース 行定勲監督「ピンクとグレー」

舞台

昭和59年1月 帝劇「御宿かわせみ」
平成2年6月 シアターコクーン「夏の夜の夢」
平成2年12月 パルコ劇場・朗読劇「ラヴ・レターズ」
平成5年12月~ 帝劇「墨東綺譚」
平成6年5月~ 紀伊国屋ホール「頭痛肩こり樋口一葉」
平成7年4月~ 大阪・飛天/東京宝塚劇場「春は爛漫」汎
平成9年2月~ 東京芸術劇場/新神戸オリエンタル劇場・乙羽信子追悼公演「午後の遺言状」
平成10年8月 名鉄ホール「居酒屋ゆうれい」
平成11年8月 名鉄ホール「戸惑いの日曜日」
平成12年9月 帝劇「売らいでか!~亭主売ります~」
平成13年5月 彩の国さいたま芸術劇場小ホール「ウィンザーの陽気な女房たち」
平成15年10月 アートスフィア「ハッピー・バースディ」

出版

エッセイ「生きものへの礼儀」(光文社)2000年1月11日
Qさまプレゼンツ「宮崎美子のスッと漢字が書ける本」(ワニブックス)2010年4月

おすすめエリア