• horipro
  • horipro

木村 了

キムラ リョウ

  • PRINT

出身地

東京都

生年月日

1988年9月23日

血液型

A型

身長

172cm

サイズ

B) 77cm W) 65cm H) 80cm S) 27.5cm

特技

空手(スポーツ空手2段)

趣味

バスケット(小学2年~)、サッカー (少々)

デビューのきっかけ

ジュノンスーパーボーイコンテスト特別賞受賞(2002年)

INFORMATION

【Report】舞台『フリック』囲み取材

フリック

舞台はマサチューセッツ州の寂れた映画館。映画狂のエイヴリーにいつか映写係になることを夢見て働くサム、紅一点のローズ。35mmフィルム上映からデジタル化の波に飲み込まれるなか、懸命に働く3人の若者。不器用な人間関係や葛藤、“なんとしても生きていかねばならない”という焦燥感を軽快に、かつ細やかに描き出す秀作。2014年ピュリッツァー賞を受賞した話題作『フリック(原題:The Flick)』の日本初演。

この日は、第一幕より抜粋した1シーンを上演しマスコミ向けフォトコールを行い、その後ロビーにて主人公・エイヴリー役を務める木村了のほか、ローズ役のソニンさん、サム役の菅原永二さんが囲み取材に登場しました。

取材が始まると木村は「僕が演じるエイヴリーはアフリカ系アメリカ人です。年齢は20歳で趣味は映画観賞。そして、とても人との関わり合い、コミュニケーション能力に欠けるというか・・・。いまで言う“コミュ障”です。この映画館で働くことになるんですが、そこからエイヴリーがどう成長していくのかが見どころとなると思います。」と自身の役どころについて話しました。記者の方から「以前より肌が黒くなりましたがメイクですか?」と聞かれ、「メイクではないです。日サロ(日焼けサロン)に8回ほど通わせていただいて(笑)でも、これでも演出のマキノノゾミさんは満足せず、どんどん更新してほしいと言われました(笑)」と役を演じるうえで実際に日焼けで肌を黒くしたと、驚きのエピソードを明かしました。これには共演のソニンさんも「千秋楽のころには、すごくなりそうですね(笑)」と声をかけ、木村は「もう(日焼けしすぎて)見えないかもね(笑)」と応えました。「でも、だいぶ焼けましたよ。僕、本当に肌が白いほうなので。家の蛍光灯の前にいる自分を鏡で見る度に“おお~!!”とびっくりします(笑)でも、まだまだ(日焼けを)頑張ります!」と日焼けへの意気込みも語ってくれました。

最後に初日への意気込みを聞かれると「この戯曲自体、現代のアメリカの情勢だったりが詰め込まれている作品ではあるんですけど、日本でこうやって置き換えて上演するっていうのは、とても共感できるというか・・・。観に来ていただいたお客さんはどこかで“わかる、わかる”と思ったり、クスッと笑ったりとか、滑稽な部分もたくさんあったりします。演出のマキノさんと翻訳の平川(大作)さんがすごく頑張ってくれて・・・、というか工夫して、すっごい細かく打ち合わせをして、本を英語から日本語に翻訳してくれていて。そこに懸ける思いというのがすごく強くて、今回それがとても上手に再現されていると思いますのでぜひ、観に来ていただけると嬉しいです。あとひとつ。今回、(舞台が劇場になっているので)劇場に劇場が組み込まれていて、マジックミラーを通して映画館のバイト員を見ているという不思議な感覚になるので、そこも楽しんで貰えればと思います。劇場に入る前のロビーでは記念撮影もできるようになっているので、ぜひ写真を撮って各SNSで呟いてもらえればと思います(笑)」と話し、取材を終えました。

舞台「フリック」は2016年10月13日(木)~10月30日(日)まで新国立劇場・小劇場にて公演されます。
“あ!このタイトル知ってる!”“この俳優の名前聞いたことある!”と映画好きならより楽しめる台詞が満載の作品。アメリカの古びた映画館で巻き起こる人間模様にも注目の舞台「フリック」。ぜひ、劇場にてご観劇ください。

フリック フリック フリック

舞台「フリック」出演

舞台「フリック」出演

作:アニ-・ベーカー 翻訳:平川大作 演出:マキノノゾミ

出演者:木村了 ソニン 村岡哲至 菅原永二

2016年10月  新国立劇場 小劇場

公式ホームページ

劇場版「仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」出演

劇場版「仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」出演

原作:石ノ森章太郎 脚本:福田卓郎 監督:諸田敏

出演者:西銘駿 大沢ひかる 山本涼介 柳喬之 磯村勇斗 沢村一樹 竹中直人

アルゴス/仮面ライダーダークゴースト役

2016年8月6日(土)全国公開

公式ホームページ

過去の代表作

TV

2004.7 フジテレビ「ウォーターボーイズ2」
2004.11/12 フジテレビ深夜ドラマ「ディビジョン1」シリーズのSTAGE8 「放課後」
2004.12 東海テレビ・フジテレビ系「リターンマッチ~敗者復活戦」
2004.12 日本テレビ 4夜連続ドラマ「X’masなんて大嫌い」
2005.3 TBS 春の感動ドラマスペシャル「不良少年の夢」
2005 「彼らの海」 (監督:窪田 崇)
2006 フジテレビ「チェケラッチョ!! in TOKYO」
2006 フジテレビ「ダンドリ ~Dance☆Drill~」
2006 フジテレビ「のだめカンタービレ」
2007 フジテレビ「Yoshi 翼を折れた天使たち~第3夜『時』」
2007 フジテレビCS721ミュードラ「愛すべき人」
2007 TBS「特急田中3号」
2007 フジテレビ「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」
2007 フジテレビドラマ「フライトパニック」
2007 NHK大河ドラマ「風林火山」
2008 フジテレビ「のだめカンタービレ」新春スペシャル in ヨーロッパ
2008 フジテレビ第19回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作品「今日は渋谷で6時」
2008 ABC・テレビ朝日系「パズル」
2008 NHK「キャットストリート」
2008 フジテレビ
「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス 卒業式&7と1/2(ななとにぶんのいち)話スペシャル」
2008 フジテレビ 「赤い糸」
2009 フジテレビ 「オトメン」
2010 フジテレビ 「絶対零度~未解決事件特命捜査~」
2010 フジテレビ 「PERFECT REPORT」
2011 日本テレビ 「桜からの手紙」
2011 フジテレビ 「BOSS」2ndシーズン
2011 フジテレビ 「絶対零度~未解決事件特命捜査~Special」
2011 フジテレビ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」
2012 フジテレビ「もう誘拐なんてしない」
2012 東海テレビ・フジテレビ系「鈴子の恋」
2012 TBS・MBS「家族八景」#1
2012 テレビ朝日「13歳のハローワーク」#5
2012 MXテレビ「RUN60」
2012 フジテレビ「赤い霊柩車30」
2013 WOWOW「ホリック」2話ゲスト
2013 フジテレビ「間違われちゃった男」

映画

2004「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」
2006「最終兵器彼女」「キャッチ ア ウェーブ」「シュガー&スパイス~風味絶佳」
2007「ヒートアイランド」「ワルボロ」
2008「赤い糸」
2009「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
2010「ゲキ×シネ 蜉蝣峠」
2010「東京島」
2010「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」
2011「うさぎドロップ」
2012「バルーンリレー」
2012「RUN60」

舞台

山口百恵トリビュート・ミュージカル「プレイバック part2~屋上の天使」
近代能楽集「弱法師」 (新国立劇場/2008)
劇団☆新感線「蜉蝣峠」 (赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場/2009)
「赤と黒」 (赤坂RED/THEATER 2009)
「嫌われ松子の一生」 (青山円形劇場 2010)
「12人の優しい殺し屋」 (赤坂RED/THEATER 2009)
「薄桜鬼」(銀河劇場 2010)
「朱雀家の滅亡」(新国立劇場小劇場 2011.9)
「耳なし芳一」リーディング劇(神奈川芸術劇場中スタジオ 2012.4)
「LIVE ACT 青の祓魔師~魔神の落胤~」(日本青年館大ホール 2012.5)
「浮標」(世田谷パブリック 2012.9.20)
「ライチ光クラブ」(紀伊国屋ホール 2012.12)
「象」(新国立劇場 2013.6)
「鉈切り丸」(シアターオーブ、オリックス劇場 2013.10.11)
「ライチ光クラブ」再演(AiiA 2013.12)
「神なき国の騎士」(世田谷パブリック 2014.3)
「帝一の國」主演(パルコ劇場 2014.4.5)

「生きてるものはいないのか」(青山円形劇場 2014.10)

「ランドスライドワールド」(本多劇場 2015.1.2)

「帝一の國」主演(AiiA2.5 Theater Tokyo 2015.7)

「虹とマーブル」(世田谷パブリックシアター 2015.8.9)

「桜の園」(新国立劇場 小劇場 2015.11)

「帝一の國」主演(AiiA2.5 Theater Tokyo 2016.3)

「TARO URASHIMA」主演(明治座 2016.8)

 

CM

「明光義塾」
「ドラゴンドライブカード」
「セントラルスポーツ」

DVD

木村了 in Moonlight Jellyfish

CD

CX「チッケラッチョ!!inTOKYO」からCDデビュー
ROM-4 「Keep It Goin’ On」 (2006)

出版

『ウォーターボーイズ2』 メイキングブック
「MAKING OF WATER BOYS 2」 (ワニブックス)

おすすめエリア