• horipro
  • horipro

鹿賀丈史

カガ タケシ

  • PRINT

出身地

石川県金沢市

生年月日

1950年10月12日

血液型

O型

身長

180cm

INFORMATION

NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズンⅢ出演

 大河ファンタジー
seirei3_logo300a.jpg
  シーズンIII

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/255919.html

【放送予定】
2017年11月から(全9回)

【出演】
綾瀬はるか

【原作】
上橋菜穂子

【脚本】
大森寿美男

【音楽】
佐藤直紀

【演出】
片岡敬司、一色隆司(NHKエンタープライズ)、樋口真嗣

【制作統括】
内藤愼介(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK)

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」出演決定!

日本テレビ 2016年10月期 新水曜ドラマ
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」出演決定!

初回:10月5日(水)22:00~放送(初回10分拡大)

日本を代表する大御所ミステリー作家・本郷大作で出演いたします。

是非ご覧ください。

詳細URL↓
http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

TBSドラマ特別企画『往復書簡~十五年後の補習』出演決定!

TBSドラマ特別企画『往復書簡~十五年後の補習』
2016年9月30日(金)よる8:57から放送

ベストセラー作家・湊かなえの小説を
『夜行観覧車』(2013年)『Nのために』(2014年)に続き
TBSがドラマ化!

松下奈緒
市原隼人 鹿賀丈史
実力派俳優陣による本格心理サスペンス!

詳細はこちら
http://www.tbs.co.jp/ofukushokan/

東海テレビ・フジテレビ系「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」出演決定!

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」出演決定!

2016年10月8日(土)スタート
毎週土曜日23時40分~24時35分

週末、あなたも一緒にストレスをリセット!一人の小市民が不条理に立ち向かう!

サラリーマンは大変だ!
なって言っているだけじゃ何も変わらないから・・・。
ストレスが頂点に達した男の、痛快“とげ”抜きストーリー!

 

是非ご覧ください!!

詳細はこちら:http://tokai-tv.com/toge/

「ほんとにあった怖い話 特別編2016」~夏のしらせ~出演!

8月20日(土)フジテレビ 21時〜23時10分放送

「ほんとにあった怖い話 特別編2016」

『夏の知らせ』
脚本:酒巻浩史
演出:鶴田法男
出演:萩原朋子……前田敦子  萩原晴彦……鹿賀丈史
萩原朋子(前田敦子)は父親、晴彦(鹿賀丈史)の反対を押し切って田舎から上京、希望だった仕事についたのだが、7年たった今も思うようにはいっていない。上京以来父とも疎遠になってしまった。父親との関係を修復する前に父はほどなくして他界、きっと自分のことを今も許していないはずと思っていた。ある日朋子は、自分の父の存在をすぐそばに感じる。父は自分を呪って出てきたに違いないと思っていたが・・・。

「武田鉄矢の昭和の時代は輝いていた」出演!

8月19日(金)BS JAPAN 21時〜
「武田鉄矢の昭和の時代は輝いていた」
にゲスト出演いたします!

濱田めぐみ20周年記念コンサート ゲスト出演

濱田めぐみ 20周年記念コンサート ゲスト出演

日程:2016年1月18日(月)

時間:19:00開演

ゲスト:鹿賀丈史 田代万里生

指揮:塩田明弘

会場:Bunkamuraオーチャードホール

チケット:2015年12月6日(日)

問い合わせ:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949

詳しくはこちら http://hpot.jp/stage/hamadamegumi20th

「シンドバッド」魔法のランプと動く島 公開

「シンドバッド」魔法のランプと動く島 公開決定

日本アニメーション40周年記念作品

「シンドバッド」の第2部 「魔法のランプと動く島」の公開が

2016年1月16日に決定いたしました。

今回も前作に引き続きラザック船長の声を演じています。

是非お楽しみに!!

HP http://www.sinbad.jp/

 

「デスノートThe Musical」 WOWOWオンエア

デスノートThe Musical WOWOWオンエア決定

◆『デスノート The Musical 浦井健治×小池徹平篇』
放送日 10月17日(土)20:00~22:45

◆『デスノート The Musical 柿澤勇人×小池徹平篇』
放送日 11月放送予定

http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/107454/

『デスノートTHE MUSICAL』 ライブ録音盤CD

『デスノートTHE MUSICAL』 ライブ録音盤CD

7月25日発売!
ホリプロオンラインショップにて好評販売中
※7月3日12:00以降にご購入頂きましたお客様への商品発送は、
発売日7月25日以降の発送となります旨ご了承ください。

 

過去の代表作

舞台

「ジーザス・クライスト・スーパースター」
「ウエスト・サイド・ストーリー」
「カッコウの巣を超えて」
「トーチソング・トリロジー」 (’86年8月~9月 ’88年11月:パルコ劇場)
「レ・ミゼラブル」
(’87年6月~10月:帝国劇場)
(’88年3月:中日劇場 4月~5月:梅田コマ劇場 6月~8月:帝国劇場)
(’89年3月:中日劇場 6月~8月:帝国劇場 12月~’90年1月:梅田コマ劇場)
(’91年7月~8月:帝国劇場)
(’94年2月~3月:中日劇場 4月~5月:大阪飛天 7月~8月:帝国劇場)
(’97年6月~10月:帝国劇場 ’97年12月~1月:大阪飛天 ’98年3月~4月:中日劇場)
(’98年6月~7月:帝国劇場)
(’99年5月~8月:帝国劇場)(菊田一夫賞 特別賞受賞)
(2000年12月~2001年2月:帝国劇場)
「マクベス」 (2000年9月:新国立劇場)
「三文オペラ」 (2001年7月:シアターコクーン 8月:シアタードラマシティ、彩の国さいたま芸術劇場)
「ジキル&ハイド」 (2001年11月:日生劇場 12月:中日劇場 2002年1月:シアタードラマシティ 2003年1月:日生劇場)
「デモクラシー」 (2005年2月~4月 シアター千住、青山劇場、ル・テアトル銀座)
「レミゼラブル」 (2005年5月:帝劇)
「ジキル&ハイド」 (2005年12月:日生劇場)
「ペテン師と詐欺師」 (2006年10月:銀河劇場)
「ジキル&ハイド」ァイナル公演 (2007年4月~5月)
「レ・ミゼラブル」20周年記念公演 (2007年6月:帝国劇場)
「錦繍」 (2007年7月~8月:銀河劇場ほか)(2009年11月~12月:銀河劇場ほか)
「ペテン師と詐欺師」
(2008年1月:日生劇場)
(2008年2月:愛知厚生年金会館)
(2008年2月:広島厚生年金会館)
(2008年2月:北九州芸術劇場)
(2008年2月~3月:兵庫県立芸術文化センター)
「ラ・カージュ・オ・フォール」
(2008年12月:日生劇場)
(2009年1月:北九州芸術劇場大ホール)
(2009年1月:シアター・ドラマシティ)
「シラノ」
(2009年5月:日生劇場)
(2009年6月:梅田芸術劇場メインホール)
(2009年6月:広島厚生年金会館)
(2013年1月:日生劇場)
(2013年2月:新歌舞伎座)
「鹿賀丈史 市村正親 それぞれのコンサート」 (2010年3月:東京国際フォーラム ホールCほか)
「Frank&Friends」フランク・ワイルドホーン (2010年3月:オーチャードホール)(2010年3月:梅田芸術劇場メインホール)
「ファンタスティックス」
(2010年10月:シアターコクーンほか)

『ラブ・ネバー・ダイ』 (2014年3月~4月日生劇場)

『KING & QUEEN ミュージカルコンサート』 赤坂ACTシアター/サンケイホールブリーゼ(2014年8月~9月)

映画

「野獣死すべし」 (’80年:角川・東映作品)
「悪霊島」 (’81年:角川作品)
「疑惑」 (’82年:松竹作品) ※日本アカデミー賞助演男優賞受賞
「麻雀放浪記」 (’84年:角川・東映作品) ※日本アカデミー賞助演男優賞受賞
「キャバレー」 (’86年:角川作品) ※日本アカデミー賞助演男優賞受賞
「木村家の人々」 (’88年:フジテレビ・ヘラルド作品)
「卒業旅行~ニホンから来ました」 (’93年:東宝作品)
「ウルトラマンゼアス」 (’96年:松竹・ソニー作品)
「さすらいのトラブルバスター」(’96年:日本テレビ・松竹作品)
「ポケットモンスター~幻のポケモンルギア爆誕」(’99年:ピカチュウプロジェクト’99・小学館プロダクション)
「戦国自衛隊1549」 (’05年:東宝作品)
アニメ映画「ブラックジャック・二人の黒い医者」 (’05年12月:東宝作品)
「燃ゆるとき」 (’06年:東映)
「デスノート[前編]」 (’06年:ワーナー・ブラザース)
「デスノート the Last name」 (’06年:ワーナー・ブラザース)
「西遊記」 (’07年7月:東宝作品)
「K-20 怪人二十面相・伝」 (’08年12月:東宝作品)
「笑う警官」 (’09年11月:角川作品)
「ゼロの焦点」 (’09年11月:東宝作品)
「アンダルシア 女神の報復」 (’11年)
「忍たま乱太郎」(’11年)
「映画 怪物くん」(’11年)
「ひみつのアッコちゃん」(’12年)

『謎解きはディナーのあとで』 (2013年)

『武士の献立』 (2013年)

『想いのこし』 (2014年)

テレビ

NHK
「黄金の日々」
「本日も晴天なり」
「波の塔」
「徳川家康」
「翔ぶがごとく」
「蔵(’96ATP大賞受賞)」
「日だまり刑事」
「我等の放課後(芸術祭ドラマ部門賞受賞)」
「蜜蜂の休暇」
「病院のチカラ~星空ホスピタル~」
「エルポポラッチがゆく」Season2  他、多数

『昨夜のカレー、明日のパン』(2014年)

NTV系列
「ジャングル」
「綺麗になりたい」
「静かなるドン」
「殺人捜査’94~’98(ギャラクシー賞受賞’95 ’96)」
「女医(月間ギャラクシー賞受賞)」
「ラーメン発見伝」
「有閑倶楽部」
「オー!マイ・ガール!!」
「怪物くん」
「ブルドクター」  他、多数
TBS系列
「三男三女婿一匹」
「天皇の料理人」
「Gメン’75」
「となりの女」
「宮之原警部の愛と追跡」
「月曜ミステリー劇場警視庁三係 吉敷竹史シリーズ」
「ビギナーズ」 他、多数
CX系列
「江戸の朝焼け」
「どっきり天馬先生」
「いつか王子様が」
「振り返れば奴がいる」
「マエストロ(世にも奇妙な物語)」
「料理の鉄人(エミー賞ポピュラーアーツ部門)(’96ATP賞大賞受賞)」
「風の瞑想(’96文化庁芸術作品賞受賞)」
「せつない探偵I II III IV」
「ポンキッキーズ(カガマル&カガドル)」
「ジョーカー -許されざる捜査官」
「外交官・黒田康作」
「グッドライフ」
「ラッキーセブン」  他、多数
EX系列
「シリーズ街「面影橋夢一輪」「だまされたって愛されたい」」
「私鉄沿線97分署」
「血族」
「雪国」
「帝の淑女」
「家族ゲームI II」
「ホームタウンの事件簿I II」
「渡り番頭 鏡善太郎の推理I II」
「恋愛中毒」
「ダンディ・ダディ?」
「波の塔」  他、多数
TX系列
松本清張 生誕100年特別企画「黒の奔流」

CM

第一生命
オリックス・リアルエステート
AGF

[DISCO GRAPHY]
SINGLE
1992.10.21 「微笑みのせいさ」
1994.2.2 「男と女でいたい夜」
1995.11.17 「BON!BAlaBON!」「BOZU de SEPPOU」
1996.8.1 「Ja-nay」(ポンキッキーズ)
ALBUM
1980 「ひとりぼっちのシアター」
1981 「After Dark」
1992.11.6 「A NEW DAY」

任天堂DS用ソフト「FINAL FANTASY Ⅳ」
登場するキャラクター”ゴルベーザ”の声を担当

おすすめエリア