• horipro

大久保愛

オオクボ アイ

  • PRINT

肩書

薬剤師・漢方アドバイザー

生年月日

1985年

出身地

秋田県

出身校

昭和大学薬学部

INFORMATION

「パンプキン」掲載

潮出版社「パンプキン」

今から始める食薬習慣

夏バテや冷房による冷えなど、夏は何かと体調を崩しやすい季節。
夏の体調不良に負けない体づくりのための食生活について紹介。
更年期や美容など弊誌の読者世代が抱える悩みの解決法をお伝え致します。

お楽しみに

ラジオNIKKEI出演

2021年4月16日16時50分~

ラジオNIKKEI

~感染症のリスクを最小限にするための最新情報をお届け!~
「二酸化塩素を使った感染症対策」

出演致します。

新型コロナウイルスの影響により、空間除菌をアピールする商品が市場で急増しています。番組では二酸化塩素に注目し、その特性とウイルスや菌に対して作用するメカニズムについて解説します。

是非お聴きください。

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」出演決定!

フジテレビ「ホンマでっか!?TV SP

2021年3月31日(水)21時~22時48分

漢方の専門家として出演致します。

「あなたのしていたムダ努力」

常識が覆される!!健康や美容に良いと、日々当たり前のようにやっている行動が実は逆効果!?

つまり”ムダ努力”だったという情報を、さまざまな分野の評論家が発表する!!

 

お楽しみに!

健康雑誌「若々3月号」掲載中

いつまでも若々しくいるために「目・脳・体・美」の4つに

ついて特集を組んでいる、雑誌です。

今回「体」を担当しています。

漢方の基礎から薬膳の基礎、薬膳レシピ7つを14ページにわたり

紹介しています。

是非ご覧ください。

 

新刊発売のお知らせ

不調がどんどん消えていく

「食薬ごはん便利帖」

2020年11月7日(土)1500円+税 世界文化社

不調がどんどん消えていく

漢方×腸活×栄養学に基づくレシピ本

「台所は薬局になる。食事は選択によっては、食べる薬と言っても過言ではありません!」と語る大久保愛。

漢方×腸活×栄養学の考え方により症状に対応した72のレシピを紹介します。

順番にメニューを食べると、効率よく体質改善を実現できる

「だんだん体が良くなる表」付きです。

文化放送「くにまるジャパン極」出演致します。

2020年11月23日(祝・月)

文化放送「くにまるジャパン極」出演

10時より生出演致します。

新刊「食薬ごはん便利帖」に関してお話いたします。

是非お聴きください。

http://www.joqr.co.jp/kiwami/2020/11/index_4.html

文化放送「なな→きゅう」出演致します。

2020年10月16日(金)

文化放送「なな→きゅう」

7時過ぎより電話出演致します。

「漢方の先生に聞く!これを食べれば免疫力アーーーップ!!」

今食べると良い食材を紹介いたします。

是非お聴きください。

光文社「Mart」掲載

光文社「Mart」10月号(8月28日売)にて

「イージー薬膳」企画にて大久保愛出演します。

オートミールで作る薬膳スイーツ等紹介しています。

是非お買い求めください。

 

新刊発売!「女性の「なんとなく不調」に効く食薬辞典」

「病院に行くほどではない……でも気になる!」
そうした女性の“なんとなく不調”は、この1冊で解決!

8月17日発売

女性の「なんとなく不調」に効く食薬辞典(KADOKAWA)

定価1,650円(本体1,500円+税)

女性に特化した食薬事典です。
東洋医学の陰陽五行の考えと栄養学、腸活の理論をもとに構築した『食薬』に感覚や感情に敏感な女性のために『五感』を融合させ、料理や食事という行動も感覚的に楽しみながら自分の症状にあった食事を選べるという内容になっています。

Amazonにて先行予約受付中です。

心と体を整える「あいかこまち」発売

心と体を整える「あいかこまち」とは

あいかこまち詳細ページ

 

大久保 愛による今回のプロジェクトの薬膳的『リカバリー食』は、

【”台所を薬局”に、食べ物は”食べる薬”として家庭の台所薬局を機能させる】

というコンセプトで2/14に発売した『食薬ごはん』(宝島社)の制作にあたった数ヶ月間、

制作メンバーとの会話から「あったらいいな」というものを商品化したものです。

実際、本にはスーパーなどで簡単に手に入る食材を使ったものを書いています。

しかし、生薬など手に入りづらい生薬をつかった本格的な薬膳も専門家が配合してセットで販売されていれば、薬を買うよりも欲しいものだという意見が多かったのです。

・週に1回の食薬ごはんで整う、まいにち

週に1度だけ体と味覚をリセットし、
日常生活で毒されていく体を救い出して上げることが目的です。
そして、何か一つ行動に移すことができると、そこから健康に対する意識レベルが少しあがります
あいかこまちシリーズでは、初めにごはんと味噌汁を薬膳にアレンジする商品として
「和漢ごはん」と「和漢お鍋」、「食べる和漢茶」を作りました。

過去の代表作

『1週間に1つずつ 体がバテない食薬習慣』

1650円 (税込)※1

ページ数:256ページ
発売日:2021/4/23
ISBN:978-4-7993-2731-9
こんな体の不調はありませんか?

□季節の変わり目に風邪を引く
□低気圧が訪れると頭痛がする
□寒いときには、膀胱炎や腰痛になる
□秋には抜け毛が増える
□暑い季節には足がつりやすい
□夏バテは毎年のこと

1つでも当てはまる人は、今日から食べるものを変えてみましょう。

体をバテさせる原因は、星の数ほどあります。
文明が発展し情報量が増えたり、移動手段が便利になって運動量が減る一方で食事のバリエーションは増え、ここ数十年で一気に生活スタイルが変化しました。
しかし、人として備わった体の仕組みは古来ほとんど変わらないので、
気の赴くままに生活しているだけで体に負荷がかかり、不調を感じることになります。

そこで、年間2000人以上の不調に悩む方々の相談に応えてきた日本初の国際中医美容師・薬剤師・漢方カウンセラーである著者が、「漢方×腸活×栄養学」の視点から体の不調を食べて治す方法を紹介します。

各シーズン・毎週ごとに陥りやすい不調のメカニズムを解明して、その対策のための食薬プログラムを提案します。
毎週の食べるといい食材をスープや料理の具材として使うだけで大丈夫!
食べるもののチョイスを少し変えるだけで、ためこまない、めぐりがよい、「バテない体」へ導いてくれます。

『不調がどんどん消えていく 食薬ごはん便利帖』

定価:1,650円(税込)
ISBN:978-4-418-20320-8
四六判 224ページ

食べて治す、よみがえらせる!

ふだん食べている身近な食材には、実はさまざまな効能があります。
漢方的にいうと健康のためには“「気・血・水」が充実していること”→“胃腸をサポートすること”→“炎症があればそれをなくすこと”→“毒素がたまっていればそれをとりのぞくこと” →“血流をよくすること”
と優先順位をつけて食事をしていくと効率よく健康に近づくことができると考えます。

『女性の「なんとなく」に効く食薬事典』

定価: 1,650円(本体1,500円+税)
発売日:2020年08月17日
判型:A5判
商品形態:単行本
ページ数:224

ISBN:9784046046802

今のあなたに必要な「食べる薬」が全部わかる!

体質改善したい人、
PMS・更年期など女性特有の悩みを抱える人、必見!

漢方×栄養学×腸活を使った「食薬」を“五感”を刺激しつつ楽しく取り入れられる、
大人気漢方カウンセラーの最新刊。

*イライラ→ローズマリー+鶏肉
*冷え→ひき肉+タマネギ
*生理痛→シナモン+ブラックペッパー
*便秘→杏仁+葛粉
*ニキビ→キャベツ+塩昆布
*疲労感→卵+サバ

このほか、乾燥肌、むくみ、アレルギー、雨の日に体調が悪い、不安感 etc.

「病院に行くほどではない……でも気になる!」そうした女性の“なんとなく不調”は、この本でスッキリ解決!
不調や基礎体温から悩みを検索して、自分にあった「いま食べるべき食薬」がわかる1冊です。

女性に多く見られる「5つの体質」から導く55の不調解消メソッドを大公開!

リンネル特別編集『心と体が強くなる!食薬ごはん』

2020年2月14日
宝島社
1,210円(税込)

あなたの台所が薬局です。

監修:国際中医美容師 漢方カウンセラー 大久保 愛

 

モヤモヤをなくすには良質な油

カラカラを潤すには手作り出汁

ドンヨリを晴らすには魚介

イライラを鎮めるにはお肉

胃腸を整えるには発酵食品

年間2000人以上の悩みに応え人生を変えてきた!

 

今話題の中医学に基づく心と体の薬膳“食薬ごはん”を日本人初の国際中医美容師が教えます!

あなたとあなたの大切な人の心と体を支えているのはあなた自身の知識です。

 

『1週間に1つづつ 心がバテない食薬習慣』

2019年6月30日発売
ディスカヴァー・トウエンティワン

1650円 (税込)※1

ページ数:256ページ
発売日:2019/6/28
ISBN:978-4-7993-2482-0

おすすめエリア