社員インタビュー

業務本部 宣伝部
小林 麻衣子


担当業務について

雑誌や新聞など、紙媒体を通してタレントのプロモーションをしています。
自分が担当している出版社の各媒体に適したタレントの売り込みを戦略的に行ったり、ワイドショーやスポーツ新聞に取り上げられるような、記者会見の場を設けます。
旬の話題を作ることで、そのタレントや出演作品が盛り上がるように仕掛ける仕事なので、各部署との情報共有や日々のコミュニケーションは必要不可欠です。


宣伝部に向いている人とは

宣伝部に向いている人は『広く色んなことに興味をもつ』ことが出来る人だと思います。
マネージャーや映像事業部には担当のタレントや作品があり、その売り込みや制作に没頭しますが、宣伝部は全体の流れを把握することが大切。
「このタイミングに、このタレントでこの作品がある。だからここでPRして盛り上げよう!」というように、数ヶ月前から宣伝の戦略を考えるため、広い視野で客観的に判断しなければなりません。


仕事で楽しいと思う瞬間は

各タレントのブレイクポイントに立ち合える!世間から「この人、誰?」と言われていたころから、ワっとブームになっていく過程を見ることができるのは痛快です!!
あとは、「このタレントをファッション誌に売り込みたい!」と計画して、売り込み、そのタレントが「ファッションリーダー」的存在になったりすると紙媒体を通しての戦略が功を奏したなーと思えます。


ホリプロって、どんな会社?

上司も部下も信頼し合っていることが多いように思います。
ある程度、仕事は部下に任せてくれるし、自由にやらせてもらえる環境があるし、相談すると上司は一緒に動いてくれます。当然ながら、自分の仕事が至らない時には指摘を受けることもありますが、色々な場面でやりがいを感じられる会社だと思います。


就職活動中の皆さんへ

就活はパッションです!
自分が本当に好きなことで、仕事にしたいという覚悟があるならば、その情熱を思い切りぶつけてください。人生をどう作っていきたいかをよーく考えて、悔いのない選択をしてください!

2018 Horipro Inc.   - 利用規約 -