• horipro
  • horipro

大平貴之

オオヒラ タカユキ

  • PRINT

肩書き

プラネタリウム・クリエーター

出身地

神奈川県

講演のお問い合わせ

ホリプロ講演会窓口 casting.horipro.co.jp

INFORMATION

講演のお問い合わせ

ホリプロ講演会窓口

ご連絡は、こちらのサイトをご覧ください。

過去の代表作

略歴

子供の頃から「太陽はだれのものか?」などと妙な質問ばかり大人に浴びせて両親を困らせる。 写真現像、ロケット製作、アニメーション作成、鉱物採集など様々なことに興味を示す。
小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、 大学時代に、アマチュアでは例のないレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。
就職後も製作を続け、 1998年にこれまでの100倍以上にあたる150万個(最終形は170万個)の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表し、話題に。
2004年には日本科学未来館と共同開発した、 投影星数560万個のMEGASTAR-II cosmos がギネスワールドレコーズに認定された。愛知万博をはじめとした各地での移動公演の他、松任谷由実やKIRORO、 バンプオブチキン、ナナムジカ、SINSKEなどアーティストとのコラボレーションなどを積極的に行い、プラネタリウムの新機軸を確立。 セガトイズと共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」シリーズは世界累計65万台(2013年4月時点)を超える大ヒット商品と なる。
2008年6月には投影星数2200万個のSUPER MEGASTAR-IIを発表。2010年10月にはインド・ニューデリーに海外初常設設置、2011年5月にはエストニアのタルトゥに360度全天球プラネタリウムを設置するなど海外でも活躍。
イベントでは2010年より森アーツセンターギャラリーにて大型企画展「スカイ プラネタリウム」を開催し、累計30万人以上を動員。2012年4月には全く新しい投影方式であるMEGASTAR-FUSIONを開発し、かわさき宙と緑の科学館に設置した。
信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。

東京大学特任教員、和歌山大学客員教授、相模女子大学客員教授。
受賞歴:日本大学優秀賞、川崎アゼリア輝賞、日本イノベーター大賞優秀賞(日経BP社)、BVLGARIブリリアント・ドリーム・アワード2006、文部科学大臣表彰

おすすめエリア