TOPメッセージ

いつの時代も、人々の心を打ち、あたたかく包みこんできたものがあります。

明るく勇気づけ、歓びを与えてくれるものがあります。それは、夢や希望にまっすぐにつながる“感動”という宝物。感動こそは人々を動かす最も良質なエネルギー源だと思います。

1960年、音楽プロダクションとしてスタートして以来、ホリプロは大衆とともに泣き、笑い、大衆とともに歩む「文化をプロモートする人間産業」を企業理念に、エンターテインメントのあらゆる領域において、ナンバーワン&オンリーワンのコンテンツを作ることを目指し、さまざまな事業を展開してまいりました。

しかしながら、近年、日本国内のエンターテインメント市場は、時代の岐路に立たされております。少子高齢化や経済成長率の低下により国内市場は今後大きく広がっていくことは難しいと想定しています。

また、インターネット配信やスマートフォン等のモバイル通信の拡大など消費者がコンテンツに接する形態が多様化し、さらにソーシャルメディアが新たな情報インフラとして注目され、新たなメディアへの対応を迫られています。

このような状況下において、当社は、新たな市場を切り開き企業として成長を続けていくためにも広く国内外で有望な市場を視野に入れるとともに、コンテンツおよびアーティストを積極的にプロモーション展開し、成長性と競争力を高めていかなければいけないと考えております。

その上で、成長過程にあるアジア諸国への進出、インターネットコンテンツの拡充、そしてアニメ市場への参入などの施策を通じて、新たな地域・分野での事業展開そして次世代の柱となる事業を模索し続けています。

当社は、創業以来、時代とともに移り変わる社会の、人々の、さまざまなニーズに的確に対応しながら、日本に、そして世界に勇気と希望と笑いを提供する総合エンターテインメント企業として、個々の事業目標を達成していくとともに、独創性のある良質なエンターテインメントの創造により、これからの日本そして国際社会に貢献していきます。

代表取締役社長  堀 義 貴