• horipro
  • horipro

丸岡いずみ

マルオカイズミ

  • PRINT

出身地

徳島県

血液型

O型

趣味

ゴルフ 競馬 プロレス観戦(小橋健太ファン)

出身校

関西学院文学部日本文学科卒業、早稲田大学大学院人間科学研究科(修士課程)修了

略歴

1994年に北海道文化放送にアナウンサーとして入社。 2001年に日本テレビ報道局に中途入社、報道記者として社会部 警視庁捜査1課を担当する。 その後、「情報ライブ ミヤネ屋」のニュースコーナーを担当。 司会の宮根誠司さんとの掛け合いが話題となる。 2010年3月26日の出演をもってミヤネ屋を卒業し 夕方のニュース「news every.」のキャスターとなる。 夫である映画コメンテーター有村 昆との結婚を機に日本テレビを退社、再びフリーとして活動を開始する。 

INFORMATION

NEW!!「休むことも生きること」(幻冬舎)2017年12月7日発売

【タイトル】休むことも生きること
頑張る人ほど気をつけたい12の“うつフラグ”

【著者】丸岡いずみ

【発売日】2017年12月7日 幻冬舎刊

【キャッチコピー】
うつ病は、心の病気ではありません。
心身ともに許容量をオーバーしてしまい、脳がパンクして発症する「脳の病気」です。
「自分は大丈夫」と、自信がある人ほど危険なのです。

【概要】
気づかぬうちに意外な形で進行し、誰もが発症しうる「うつ病」。
本書は、東日本大震災後、多忙を極め、神経をすり減らした結果、「大うつ病」を発症した丸岡いずみが、ご自分の経験を振り返り、「ここで気づけば重篤化しない」というターニング・ポイントを、医学的根拠とともに解説した一冊です。
湿疹やじんましん、ストレス性の胃腸不良、眠れないなどの睡眠障害、食欲がなくずっとだるいなど、「疲れ気味なのかな」「休めば治るかも」というようなちょっとした心身の不調は、じつはうつ病発症のサインでもあるのです。
そういった、小さな「うつフラグ」が立った際、素早く気づいて早め早めに対応することが、うつ病の発症、悪化を予防することにつながります。ストレスの多い社会で、誰もが抱えてしまいがちな「身体からのサイン」を見逃さず、健康で幸せに生きることを考える、どんな立場の方にも大変役立つ内容となっております。

 

予約はこちら

 

出演情報

【最近の出演】

テレビ朝日「プロから学ぶ生活術 ダメだし!アドバイザー」

日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」2016年9月16日放送回

日本テレビ「1周回って知らない話(VTR)」2016年9月7日(水)

フジテレビ「人気者から学べ そこホメ!?」2016年8月9日(火)

テレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」2016年8月7日(日)

フジテレビ「FNS27時間テレビフェスティバル!」2016年7月24日(日)

 

著書「ひとたらし」発売中

丸岡いずみ二冊目となる著書、「ひとたらし」(1200円+消費税、主婦と生活社刊)

過去の代表作

UHB時代

スーパータイムHOKKAIDO(メインキャスター)
ザ・ヒューマンHOKKAIDO(メインキャスター)
uhbスーパーニュース FNN(メインキャスター)

日本テレビ時代

「真相報道バンキシャ!」(キャスター兼アシスタントプロデューサー)
ズームインサタデー(ニュースコーナー担当)
ストレイトニュース(メインキャスター)
おもいっきりイイ!!テレビ(「Newsエスプレッソ」コーナーキャスター)
ミヤネ屋(「丸岡いずみキャスターの最新ニュース」コーナーキャスター)
おもいっきりDON(「丸岡キャスターのNEWSエクスプレス」コーナーキャスター)
『news every.』(メインキャスター)

退社後

CX『バイキング』木曜レギュラー

NTV『ミヤネ屋 新春SP』

NTV『さんま御殿』
NTV『おしゃれイズム』
NTV『秘密のケンミンSHOW』
CX 『僕らの時代』

おすすめエリア