• horipro
  • horipro

鴻上尚史

コウカミ ショウジ

  • PRINT

肩書き

作家・演出家

生年月日

1958年8月2日生まれ

出身地

愛媛県新居浜市

サイズ

T/171 B/93.5 W/78.5 H/90.5 股下/80 足/25.5

略歴

1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。 「朝日のような夕日をつれて」(87)で紀伊國屋演劇賞、「天使は瞳を閉じて」(92)でゴールデンアロー賞、「スナフキンの手紙」(94)で岸田國士戯曲賞を受賞する。2001年の「ファントム・ペイン」で劇団「第三舞台」は10年間活動を封印し、2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』を行う。現在は「KOKAMI@network」と、2008 年に若手俳優を集めて旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出を中心としている。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。海外公演としては、2007年に「TRANCE」(ロンドン・ブッシュシアター)、2011年に、「Halcyon Days」(ロンドン・リバーサイドスタジオ)があり、いずれもイギリス人キャストへの演出を行っている。 また、1997年に演劇ワークショップのリサーチのための渡英を経て、帰国後「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表するほか、一般参加を募ったオープンワークショップの開催を続けている。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

INFORMATION

作品紹介

新刊情報

2011年1月18日(火) 

新刊「八月の犬は二度吠える」(講談社)発売中!!
 
京都を襲う笑撃の作戦「八月の犬」、復活!
『八月の犬』で俺を送ってくれ――23年音信不通だった、
死の床についた友人は、ひとつの恋が崩壊させた極秘作戦の完遂を願った。
身を焦がす青春が甦る感動作!
51doNR7KDVL._SL500_AA300_

過去の代表作

現在のレギュラー

●TV

NHKBS1 「COOL JAPAN 〜発掘かっこいいニッポン〜」日曜日18:00〜

(再放送:月曜日21:00〜/NHKワールドプレミアム月曜日15:00〜、再放送:日曜日0:50〜)

BS朝日「熱中世代」日曜8:00〜
●エッセイ
週刊SPA! 「ドン・キホーテのピアス」(扶桑社)

ラジオ

文化放送 「鴻上尚史のことばの寺子屋」
ニッポン放送 「鴻上尚史のオールナイトニッポン」
TBSラジオ 「鴻上尚史の博愛ライダー」
LF 「JT presents 鴻上尚史と里田まいのサンデーオトナラボ」
毎週日曜 12:00~13:00

TV

TBS 「地球ZIGZAG」メインパーソナリティー
WOWOW 「シネマスキッパー」「シネマ探偵」「シネマde晩餐」パーソナリティー
TX 「デリバティブTV」レギュラー
スターチャンネル 「スター・エクスプレス」司会
NHK BS2 「真夜中の王国」司会
NHK教育 「わかる国語」メインパーソナリティー
NHK教育 3ヶ月トピック英会話「ハートで感じる英文法」レギュラー (05年~06年)

NHK BS1、BShi 「COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン」レギュラーMC

著書

’87 「冒険宣言~モダン・アドベンチャー・フェスティバル」(光文社)
’89 「鴻上夕日堂の逆上」(朝日新聞社)
「鴻上夕日堂の逆上<完結編>」(朝日新聞社)
’92 「楽園を追われる時に必要な物」(光文社)
「鴻上の知恵」(朝日新聞社)
’93 「鴻上の知恵<完結編>」(朝日新聞社)
’94 「ここではないどこかへ」(角川書店)
’95 「道楽王」(光文社文庫)
’96 「恋愛王」(角川文庫)
’96~「ドンキホーテのピアス」シリーズ(扶桑社)
★「週刊SPA!」にて連載中
’00 「ロンドン・デイズ」(小学館)
「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)
’02 「発声と身体のレッスン」(白水社)
’04 「真実の言葉はいつも短い」(光文社知恵の森文庫)
「名セリフ!」(文藝春秋)
「ラブ アンド セックス」(角川書店)
「鴻上尚史のごあいさつ 1981~2004」(角川書店)
’05 「祖国なき独立戦争を楽しむために」(扶桑社)
「表現力のレッスン」(講談社)
「俳優になりたいあなたへ」(ちくまプリーマ新書)
’11 「八月の犬は二度吠える」(講談社)

映画出演

’92 「エンジェル 僕の歌は君の歌」(東宝/渡邊孝好 監督)
’95 「BeRLiN 」(ケイエスエス/利重 剛 監督)
’97 「釣りバカ日誌9」(松竹/栗山富夫 監督)
’99 「ガメラ3」(大映/金子修介 監督)
’01 「田園のユーウツ」(プライド・ワン/川原圭敬 監督)
’03 「解夏」(東宝/磯村一路 監督)
’05 「フライ,ダディ,フライ」(東映/成島 出 監督)

映画監督

’89 「ジュリエットゲーム」(日本ヘラルド)
’90 「僕が病気になった理由」(アルゴプロジェクト)
’93 「青空に一番近い場所」(サードステージ)
「サザンウインズ4~トウキョウ・ゲーム」(アルゴプロジェクト)
「映画の旅人-水の旅人メイキングビデオ-」(ポニーキャニオン)
’05 「英語の女」(アイ・シー・エフ)
’10 「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」(ショウゲート)

舞台

’81 劇団第三舞台結成(作・演出家)
’87 紀伊国屋演劇賞受賞
「朝日のような夕日をつれて’87」作・演出
’92 海外公演(イギリス・スコットランド・アイルランド)
ゴールデンアロー賞受賞「天使は瞳を閉じて~THE         ANGELS WITH CLOSED EYES~」作・演出
’94 第39回岸田國士戯曲賞受賞「スナフキンの手紙」
’97 文化庁芸術家在外研修制度により渡英。
ロンドン市立ギルドホール演劇学校に留学(1年間)
’99 個人ユニット「KOKAMI@network」での活動を開始。
KOKAMI@network vol.1「ものがたり降る夜」作・演出
’00 「ララバイ または百年の子守唄」作・演出
KOKAMI@network vol.2
「プロパガンダ・デイドリーム」作・演出
’01 KOKAMI@network vol.3「恋愛戯曲」作・演出
彩の国シェイクスピアシリーズ
「ウィンザーの陽気な女房たち」演出
第三舞台20周年記念&10年間封印公演
「ファントム・ペイン」作・演出
’02 KOKAMI@network vol.4
「幽霊はここにいる」(安部公房 作) 演出
’03 新国立劇場「ピルグリム」作・演出
パルコ・東宝芸能「シンデレラ・ストーリー」脚本
ホリプロ「ミュージカル 天使は瞳を閉じて」作・演出
’04 KOKAMI@network vol.5「ハルシオン・デイズ」作・演出
KOKAMI@network vol.6「リンダ リンダ」作・演出
’05 シアター・コクーン「キッチン」
(アーノルド・ウェスカー 作 蜷川幸雄 演出)出演
KOKAMI@network vol.7「トランス」再演 作・演出

おすすめエリア