• horipro
  • horipro

栞菜 智世

カンナ チセ

  • PRINT

生年月日

1994年1月14日

出身地

福島県

  • PRINT
  • OFFER

INFORMATION

宗像フェス~World Heritage Munakata~

LIVE ACT

8月28日(日) 栞菜智世 / 岸谷香 / Chara / HANAH SPRING / MISIA /

8月29日(月) 加藤ミリヤ / さかいゆう / THE BEAT GARDEN / ファンキー加藤 / Beat Buddy Boi /

and more…

日 程:2016年8月28日(日) & 8月29日(月)

会 場:神湊海水浴場(釣川河口左岸) 特設野外ステージ

〒811-3501 福岡県宗像市神湊段天

 

開場開演: 開場 14:00 / 開演 15:00 ※終演21:00予定 (音楽花火終了予定時間)

 

お問い合わせ:宗像フェス運営事務局TEL: 0940-39-3068(平日10:00〜17:00)

【オフィシャルサイト】 http://munafes.jp/

 

2nd Single「Blue Star」

「Blue Star」は、夢を抱きながら大人社会の端っこに飛び込んだ女の子を主人公に、大人への成長過程の苦悩と葛藤がテーマ。一歩踏み出せずにもがきながら、その一歩へ向けて顔を上げて前を向くまでを、切ないメロディーに乗せて歌った楽曲となっている。

 

青色が印象的な新ビジュアルは、今月都内某所で撮影。

タイトルの「Blue Star」から派生して、星が見えない東京の空にラメで出来た即席の星が美しくも儚く瞬く中に佇む栞菜を切り取ったこのビジュアルは、夕暮れの海辺にて、街灯りがつき始める夕刻から夜にかけて、実際に何度もラメを空に放ちながら行われた。ポツリポツリと見える夜景と、ラメによるフェイクスターの一瞬の煌めきに、どことなく孤独感漂うビジュアルとなっている。

 

 

 

 

【商品情報】

栞菜智世

2ndシングル

「Blue Star」

発売日:2016年8月24日

「Blue Star」他1曲と、それぞれのinstrumental ver.を収録。

○初回限定盤 CD+DVD UPCH-89286 / ¥1,600+tax

○通常盤 CD UPCH-80439 / ¥1,000+tax

発売元/販売元:ユニバーサルミュージック/ EMI Records

 

公式HP開設!

 

 

こちらをクリック↓

hear_kannAphoto.jpg 軽い

MV解禁!

 

 

映画「僕だけがいない街」主題歌「Hear~信じあえた証~」でデビュー

HPはこちら

 

「このマンガがすごい!」3年連続ランクイン、「マンガ大賞」2年連続ランクイン、「これ読んで漫画RANKING」1位を獲得、著名人や文化人、書店員からも傑作との呼び声が高い「僕だけがいない街」が実写映画化!

この映画の主題歌に、大抜擢。

主題歌「Hear~信じあえた証~」でユニバーサルミュージックからのメジャーデビューとなる。

 

本作は、〈リバイバル〉という〈時間が巻き戻る〉不思議な現象に巻き込まれた主人公の悟が、現在〈2006年〉と過去〈1988年〉の2つの世界を行き来しながら、18年前の〈連続誘拐殺人事件〉の謎と真犯人に迫るミステリー。脳裏から葬り去った幼少期の辛い記憶と、当時は気づくことのできなかった母親の自分への深い愛情、そして傷つくまいと距離を自ら取っていたクラスメートの優しさに触れることによって生まれる新たな友情とが、新しい記憶となって塗り替えられていく悟の「過去」。ただのミステリーにとどまらない、優しさとせつなさに満ち溢れたドラマティックな感動作となっている。

 

『いま、会いに行きます』や『世界の中心で、愛を叫ぶ』『アオハライド』『ストロボ・エッジ』など、大ヒット作を次々と手掛けてきた名プロデューサーの春名慶は、「栞菜さんの歌声は、無垢でプレーンな印象で、何色にでも染まる柔軟さと聴く者それぞれの心情に寄り添うたおやかな感性があるという印象がありました。映画のエンディングに込められた「あの人やこの人の愛や思いが、その記憶があったからこそ、今の自分が存在する」というメッセージを歌の世界で作りあげていただきたいとオファーした。出来上がった主題歌「Hear~信じあえた証」は、まさにテーマを体現していただき、映画を締めくくる最後の〝スタッフ〟に加わっていただけたと、嬉しく思っています。」と絶賛。

 

また、今回の楽曲に携わったYUKI、JUJU、Superflyらを手がけてきたクリエイター集団『agehasprings』の玉井健二は「初めて知る痛みのような感触と、ずっと待ちこがれていたような響きが混在する掛け値なく唯一無二と呼べる歌声。」と栞菜の歌声に太鼓判を押した。

一方、栞菜は、今回のデビューまでに1年以上ものボイストレーニングを行ったという。今回のデビューについて「デビュー曲が主題歌になるということで、驚きと喜びもあります。ただ、同じくらいの不安もありますが、とにかく精一杯頑張ります。」と心境を語ると、楽曲についても「聞いてくれる方々にも共感し、何か感じ取って頂ける曲だと思います。家族、恋人、友人等、大切な人を思い浮かべながら聴いてもらえたらと思います。」と楽曲に込めた思いを語ると、「いつか自分の夢が叶うように、一所懸命頑張ります!」と締めくくった。

 

玉井健二 クリエイター集団『agehasprings』

初めて知る痛みのような感触と、ずっと待ちこがれていたような響きが混在する掛け値なく唯一無二と呼べる歌声。

 

プロデューサー 春名慶 コメント全文

かなり以前に、栞菜さんがオーディションのステージで堂々と歌い上げる姿をDVDで拝見していました。

栞菜さんの歌声は、無垢でプレーンな印象で、何色にでも染まる柔軟さと聴く者それぞれの心情に寄り添うたおやかな感性があるという印象でした。

 

今般「僕だけがいない街」の主題歌を選定するにあたり、この映画が誕生するのと同じ歩みで世の中に出て行くまっさらな才能を探していたところ、ふと栞菜さんのことが脳裏を掠めました。事務所の方から栞菜さんが路上ライブで歌を披露しているDVDを取り寄せ拝見したところ、プレーンな歌声にプラスして歌にこめる熱量や聴衆を魅了する存在感も加わり、ぴったりではと思いオファーをしたところ快諾いただきました。

 

映画のエンディングに込められた「あの人やこの人の愛や思いが、その記憶があったからこそ、今の自分が存在する」というメッセージを歌の世界で作りあげてほしいとリクエストしたところ、出来上がった主題歌「Hear~信じあえた証」は、まさに物語のテーマである「生きる意味」を体現した力強いバラードになっていて、映画を締めくくる最後の〝スタッフ〟に加わっていただけたことを嬉しく思っています。

 

映画「僕だけがいない街」

プロデューサー 春名 慶

■原作:「僕だけがいない街」三部けい(KADOKAWA/角川コミックス・エース)

■監督:平川雄一朗 ■脚本:後藤法子 ■プロデューサー:春名慶

■キャスト:藤原竜也 有村架純 及川光博 杉本哲太/石田ゆり子 ほか

■配給: ワーナー・ブラザース映画  公式サイト:bokumachi-movie.com

■映画タイトル 『僕だけがいない街』 ■コピーライト:©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

2016年3月19日(土) 全国ロードショー!!

 

 

 

映画「僕だけがいない街」予告動画

おすすめエリア