• horipro
  • horipro

池松壮亮

イケマツソウスケ

  • PRINT

生年月日 

1990年7月9日  25歳

身長

172㎝

血液型

A型

出身地

福岡県

趣味・特技

野球・映画鑑賞

INFORMATION

【Report】映画『だれかの木琴』完成披露プレミアム試写会

池松壮亮 池松壮亮

池松壮亮が、8月16日(火)都内某所で行われた映画『だれかの木琴』の完成披露プレミアム試写会に参加。主演の常盤貴子さんをはじめ勝村政信さん、佐津川愛美、そして本作でメガホンを取った東陽一監督も登壇し、舞台挨拶を行いました。

夫と娘と郊外に引っ越してきたごく普通の主婦・小夜子。新しい地で見つけた美容院で海斗と名乗る美容師と出会い、その日のうちに海斗からのお礼の営業メールが届く。そのメールに返信したことで、小夜子の日常は一変する。自分でも訳が分からない衝動にかられ、海斗に何度もメールを送っては頻繁に店を訪れ、海斗を指名。ついには海斗のアパートを探しあて・・・。海斗へのストーカー行為がエスカレートするほどに、小夜子は生き生きと美しくなっていく。やがて、家族や海斗の恋人までを巻き込んでいく。二人がたどり着く思わぬ結末とは・・・。

「池松です。オリンピックもありますし、今日は台風ですからね、帰りは気を付けてくださいね。今日は本当にありがとうございます。」とまずは簡単な挨拶。そして、「東監督の映画と10代最後に衝撃的な出会いをして、“いつかこの人とは会わなきゃいけないな”と思い続けていたら、意外と早くお会いすることができました。(撮影時は)本当に幸せな日々で今日、こういう日を、はじめてお客さんに観ていただける日を迎えまして、本当に幸せです。楽しんでいってください。」と続けました。

監督からの演出指導はあったのか?という質問に池松は「好きにやっていいよって(言われました)」と話し、監督からすかさず「好きにやっていいよとも何も言っていない!」とツッコミが。池松も「あれ?言われたような気がするんですけどね・・・。まぁ、気のせいでした、すみません(笑)」と監督との息の合った掛け合いが見られました。

本作で美容師役に挑戦している池松。髪の毛を切るシーンは実際に池松自身がハサミを持ち切っているというから驚き。「常盤さんの髪を切るシーンがありまして、実際切らせていただきました。」と話し、髪を切るのは難しくなかったですか?という問いには「いや、でもハサミで切るだけですからね。」と少し素っ気ない返答。その後、思い出したかのようにいきなり「いや、でも、常盤さんの髪の毛を切るのすごく緊張するかなと思ったんですけど、周りの大人が緊張しまくってて、“あいつ間違えたらやばいぞ”みたいになってて。なので逆に緊張しなかったですね。なんか面白かったですね(笑)」と言い加えていました。

これには常盤さんも「みんなが予定していたよりもさらに(髪を)切られたんです。だから本番中に私自身も“まだ行くんだ(切るんだ)・・・。”ってすごくヒヤヒヤして。でも、それを楽しんでらしたってことがわかりましたね(笑)」と。これには池松も「いや、それは東さんがカットかけなかったからですよ!」と反論。監督は「あれはNG出されたらパーですからね。1年くらい(髪が伸びるまで)待たなきゃいけないですから。」とさらに池松を追い詰めるのでした。

映画『だれかの木琴』は9月10日より全国公開!

髪に触れたその指が、いつしか私の心に触れ、新たな感情が湧き出てくる。ごく普通の主婦だからこそ、その瞬間の感情で戻れない境界線を踏み越え、狂気に満ちた愛を抱いてしまうのかもしれない。ゆったりとした時間の流れ・平凡な生活が変わる瞬間。1人の主婦の抑えきれない思いに惑わされ、壊れていく人々。危険で切ない男と女のサスペンスがここに。

池松壮亮 池松壮亮 池松壮亮

池松壮亮 掲載雑誌

池松壮亮についての記事が掲載される雑誌です。

9月10日公開の映画「だれかの木琴」についてインタビューを受けております。

是非ご覧ください!!

 

「キネマ旬報 next」Vol.10(6月28日発売) キネマ旬報社

「25ans」9月号(7月28日発売) ハースト婦人画報社

「からだにいいこと」9月号(8月16日発売) 祥伝社

「J Movie Magazine」Vol.14(8月16日発売) アンチェイン

「CUT」9月号(8月19日発売) ロッキングオン

「IZANAGI」9月号(8月21日発売) 髪の文化舎

「Soup」(8月23日発売) スープ

「婦人公論」(8月23日発売) 中央公論新社

「デジタルTVガイド」10月号(8月24日発売) 東京ニュース通信社

「クロワッサン」(8月25日発売) マガジンハウス

「装苑」10月号(8月28日発売) 文化出版局

「スクリーンプラス」Vol.57(8月29日発売) 近代映画社

「マリソル」10月号(9月7日発売) 集英社

「OKAYAMA MOVE UP」(9月11日配布) HEAD LINE WEST

「FILT」(9月20日配布) JT

【Report】主演映画『セトウツミ』初日舞台挨拶

「セトウツミ」初日舞台挨拶 「セトウツミ」初日舞台挨拶

7月2日(土)、新宿ピカデリーにて、映画「セトウツミ」の公開初日舞台挨拶が行われ、主演の池松壮亮、菅田将暉さん、共演する中条あやみさん、メガホンをとった大森立嗣監督が登壇しました。

【ケンカもない。部活もしない。壁ドンもない。「喋る」だけの青春。】をキャッチコピーに、此元和津也さんの漫画を実写化した本作。池松はメガネをかけたクールな塾通いの内海を演じます。元サッカー部でお調子者の瀬戸を菅田さん、瀬戸と内海と三角関係を繰り広げる高校のマドンナ・樫村を中条さんが演じます。クスッと笑えて、だけど何だかしんみり胸を打つ…そんな放課後の無駄話を詰め込んだ作品。

「池松壮亮です。初日からありがとうございます。うれしいです。楽しんでいってください。」と挨拶する池松に続き、菅田さんは「僕と池松君が座ってしゃべっている映画です。完全にDVDで見る感じの映画…」と自虐的な挨拶。思わず池松も「おい、やめろ(笑)」とツッコミをみせていました。舞台挨拶での二人の掛け合いは、まるで本物の“瀬戸と内海”を見ているようで、クスッと笑ってしまう絶妙な間のある会話。二人の仲の良さが伺えました。そんな二人ですが、撮影に入る前の本読みの時点ではほぼ口を利かなかったらしく、ここまで仲良くなったことに大森監督は「本作に第0話という話があるんですが、まさにこの二人があんな(第0話の話)出会い方をしていたって印象です。」とおっしゃっていました。池松と菅田さんの出会いは瀬戸と内海の出会いに似ていると話され、その第0話が気になる方もいたのではないでしょうか?気になる出会いの第0話、ぜひ劇場でご覧ください!
最後の挨拶で、「漫画原作なので題材もまだまだありますし、お客さんの入り次第でいくらでも(続編が)できるねと話しています。気に入っていただけたらまた観に来ていただいたり、知り合いの人に話していただければ嬉しいです。そしてなにより、これから75分楽しんでいってください。ありがとうございました。」と締めくくり、続編を望む池松の姿が見られました。

映画「セトウツミ」は新宿ピカデリー他、全国公開中。

このゆるさ、何回観ても飽きません。じわじわくる笑いに75分間何も考えず、気軽に気楽にご覧ください。

「セトウツミ」初日舞台挨拶 「セトウツミ」初日舞台挨拶 「セトウツミ」初日舞台挨拶

映画「永い言い訳」出演

映画「永い言い訳」

出演 本木雅弘 竹原ピストル 池松壮亮

監督 西川美和

配給 アスミックエース

10月15日 公開予定

映画「続・深夜食堂」出演

映画「続・深夜食堂」

出演 小林薫 オダギリジョー 他

池松は、「やきうどん」のエピソードに出演

監督 松岡錠司

配給 東映

11月5日より公開

映画「デスノート Light up the NEW world」出演

映画「デスノート Light up the NEW world」

出演 東出昌大 池松壮亮 菅田将暉

監督 佐藤信介

配給 ワーナー

10月29日より、全国拡大公開!

映画「だれかの木琴」出演

「だれかの木琴」

監督 東陽一

出演 常盤貴子 池松壮亮

配給 キノフィルム

9月10日より、有楽町スバル座、シネマート新宿、他で公開

映画「セトウツミ」主演

映画「セトウツミ」

主演 池松壮亮 菅田将暉

監督 大森立嗣

2016年7月2日公開

映画「無伴奏」出演

映画「無伴奏」

主演 成海璃子

出演 池松壮亮 斎藤工

監督 矢崎仁司

2016年春公開予定

映画「シェルコレクター」出演

映画「シェルコレクター」

主演 リリーフランキー

出演 池松壮亮 橋本愛 寺島しのぶ

監督 坪田義史

2016年2月27日より、テアトル新宿にて公開

過去の代表作

映画

2015年「私たちのハァハァ」監督:松居大吾

2015年「愛の小さな歴史」監督:中川龍太郎

2014年「海を感じる時」監督:高野洋役

2014年「わたしのハワイの歩きかた」監督:前田弘二

2014年「春を背負って」監督:木村大八/須永幸一役

2014年「ぼくたちの家族」監督:石井裕也/若菜俊平役

2014年「大人ドロップ」監督:飯塚健/浅井由役

2014年「愛の渦」監督:三浦大輔/ニート役

2013年「自分の事ばかりで情けなくなるよ」監督:松居大悟/リクオ役

2013年「上京ものがたり」監督:森岡利行/岡崎良介役
2012年「横道世之介」監督:沖田修一/倉持一平役
2012年「星に☆願を」監督:水元康嗣/主演・福留役 ※2012年ショートショートフィルムフェスティバル出品作品
2011年「行け!男子高校演劇部」監督:英勉/大和田舵役
2011年「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら」監督:田中誠/柏木次郎役
2010年 「信さん 炭坑町のセレナーデ」監督:平山秀幸/ 辻内守役
2010年 「半分の月がのぼる空」監督:深川栄洋/主演・ 裕一役
2009年 「いけちゃんとぼく」監督:大岡俊彦/主人公 ・ヨシオ役
2008年 「ダイブ!!」監督:熊澤尚人/富士谷要一役
2008年 「砂時計」監督:佐藤信介/北村大悟役(中高生時代)
2007年 「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」監督:澤井信一郎/テムジンの少年時代

2005年 東映アニメ「ワンピース」劇場版 オマツリ男爵と秘密の島 DJガッパ役 (声の出演)
2006年 「夜のピクニック」監督:長澤雅彦/榊順弥役
2006年 「UDON」監督:本広克行/水沢翔太役
2005年 「男たちの大和 YAMATO」監督:佐藤純彌/前園敦役
2005年 「鉄人28号」監督:富樫森/主演・金田正太郎役
2003年 「ラスト・サムライ」監督:エドワード・ズウィック/飛源役

テレビ

2015年CX「オリエント急行殺人事件 第一夜 第二夜」

2014年MBS「情熱大陸」

2014年TBS「MOZU Season2 ~幻の翼~」

2013年 NHK「あさきゆめみし」吉三郎役

2013年 UULA「I LOVE YOU ~魔法のボタン~」隆介役

2013年 BSジャパン「この世で俺/僕だけ」黒田甲賀役

 

2012年 NHK「梅ちゃん先生」中谷広志役

2012年 NTV「車イスで空を飛ぶ」佐竹タケヒロ役

2012年 NHK「とんび」前編・後編 市川アキラ役

2011年 EX「陽はまた昇る」湯原周太役

2010年 NTV「Q10」久保武彦役

2010年 NHK BShi 私が初めて創ったドラマ「オーマイゴット!?」主演ミツル役

2010年 NHK 終戦特集ドラマ「15歳の志願兵」主演 藤山正美役

2010年 NHKドラマ8「とめはねっ!鈴里高校書道部」 大江縁役

2009年 TBS パナソニックドラマスペシャル「いのちの島」 新見トオル役

2007年 NHK大河ドラマ「風林火山」 勝千代役(武田信玄 少年期)

2006年 NHK正月時代劇「新選組!!」土方歳三最期の一日 市村鉄之助役

2005年 NHK月曜ドラマシリーズ「ハチロー」 サトウハチロー役 少年期

2005年 NHK大河ドラマ「義経」 源頼朝役

2002年 NHK福岡放送局「うきは」 主演 村上健作役

WOWOWテレビ

2013年ドラマW「三谷幸喜 大空港2013」監督:三谷幸喜/田野倉睦夫役
2012年ドラマW「エンドロール~伝説の父~」監督:石井裕也/尾崎健太郎役

声の出演

2009年~2010年 NHK 連続人形活劇「新・三銃士」 主人公 ダルタニアン役

舞台

2014年舞台「母に欲す」 演出:三浦大輔

2013年 舞台「ぬるい毒」向伊役 演出:吉田大八
2012年 初主演舞台「リリオム」リリオム役 演出:松居大悟 青山円形劇場
2001年~2003年 劇団四季ミュージカル「ライオンキング」 ヤングシンバ役

CM

2013年「日本生命」【みらい創造物語】
2011年「NTTドコモ」【とある彼の夏篇】
2007年 「カルピスウォーター」 【少年の夏・海の家 篇】【少年の夏・バス停 篇】

2004年 西部ガス 企業広告【平面のみ)

ラジオ

2012年 NHK‐FMオーディオドラマ FMシアター「祖父と手紙と僕と」主演・斉藤雄介役
2010年 NHK-FM オーディオドラマ FMシアター「相方のあり方」 主演・ 斉藤純役
2004年 NHKラジオドラマ九州劇場「飛べ飛べ 川へ」 主役 永峰弘役

おすすめエリア